AX

「献金は信仰のバロメーター」?

公開日: : 最終更新日:2016/02/07 未分類

キリスト教会では、「献金は信仰のバロメーター」という言い方がよくなされるように思います。実際、ググってみたら教派を問わずあちこちの教会のホームページの説教でそう書かれているのが見つかりましたし、私の通っている教会でもある人がそんなことを口にしているのを聞きました。
誰が言い出したのかは知りませんが、どうも、日本基督教団の牧師だった辻宣道氏の『信仰生活の処方箋』という本に書かれているそうです。

ですが、私はこの表現は一体何が言いたいのかよくわかりませんし、聖書に照らし合わせても怪しいと思っています。
そこで思いを巡らせてみますと、バロメーターとはもともと気圧計を指す語であり、それが転じて、あるものの基準を量るものという意味が生まれたのだと思います。ですから、献金が信仰のバロメーターであると主張する人たちは、献金が、献金をする人の信仰の基準になると考えているのでしょう。
ではその献金というのは、献金の額のことなのでしょうか。さすがにそんなことを堂々と主張する人は少ないと思います。さすがにこれを直感的におかしいと思わない人はいない、と信じたいものです。
では、財産に対する献金の割り合いなのでしょうか。たとえば、生活費の10分の1を捧げている人は、100分の1を捧げているよりも信仰が深いのでしょうか。あるいは、年収1000万円もあるが、そのうち800万円を献金している人は熱心な信仰の持ち主なのでしょうか。献金の話でよく引き合いに出される、マルコ福音書やルカ福音書で登場する貧しいやもめの物語でイエスが言いたかったのはそういうことなのでしょうか。

どうも教会でなされる説教の出だしのような内容になりましたが、後日うまくまとめられるでしょうか。

関連記事

no image

元気がなくなる

先週はどうも元気がなかった。あらゆることに対する意欲が落ちている。吐き気もして食欲もなくなってしまっ

記事を読む

no image

筋トレ職人の実践講座の問題点(ホエイプロテイン編)

前の記事で、アフィリエイトで収入を得るためには、見る人の欲望を煽って、その人にとって必要でないものを

記事を読む

no image

ウォーキングを始める

睡眠障害改善と、落ちきった体力を増強するため、今更ながらウォーキングをはじめてみました。 いきなり

記事を読む

no image

流行を追えない

新しいものを絶えず求め、流行を追い続けるのは疲れるし不毛である。追い続けないと取り残されるという風潮

記事を読む

no image

辞書めくり

前の記事で、突然同窓の女性からFacebookで「友達リクエスト」があって戸惑いを隠せなかったことを

記事を読む

no image

Firefox 64bitに正式対応

今までBeta版などでしか64bitに対応しておらず、Chromeなど他のブラウザに遅れを取っていた

記事を読む

no image

『モラトリアム人間の時代』によると

イギリスの劇作家、ジョージ・バーナード・ショウは、二十代の頃に自分から家を飛び出し、作家になるために

記事を読む

no image

個人による交流サイト衰退の原因と今後の展望

ある方に触発されてふと考えを巡らせてみますと、mixi、Twitter、Facebook等のSNSや

記事を読む

no image

タイムズレンタカーで車を借りるなら安心補償コースに入るべき

先日、鹿児島でレンタカーを借りてドライブしていたら、田舎道の脇から突き出していた枝でボディ側面を擦っ

記事を読む

no image

M-1ミストなどの育毛剤は効果があるのか疑問

ある友人に「世の中の悪い面ばかり見ないように」と諭されたこともありますし、このブログでは人や物の批判

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑