テニスレッスンで舌打ち

9月からテニススクールのレッスンを受け始めたはいいものの、なかなか上達せず、ストロークもろくに打てず、思わず舌打ちをしてしまい、コーチに「鴉さん、チッじゃないです」と言われました。

私はもともと短気で粗暴なところがあり、中学のときはラケットを3本は破壊しました。大人になってだいぶ冷静にはなったとは思いいますが、やはりイライラしやすいようです。結局舌打ちもある種の八つ当たりに近いものがあって、心の弱さを露呈しているだけで上達にはなんの影響もないわけです。おまけに周りの印象も損ねますし、なにもいいことがありません。反省。
名著『インナーゲーム』でも読みなおそうと思います。この本はテニス以外の競技の、さらにはスポーツの枠組みを超えたメンタルトレーニングになりますし、怒鳴ってばかりの脳筋指導者にも読んで欲しい内容です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ