AX

祝祷は按手礼を受けていないと「終祷」?

公開日: : キリスト教, 未分類

少なくともほとんどのプロテスタント教会では、礼拝の最後に祝祷といって、講壇に立つ牧師が手を上げて新約聖書のコリント人への手紙2の最後の文を読み上げ、祝福の祈りを捧げるのが慣例です。
牧師がと書きましたが、教会によっては、牧師にしか祝祷をすることを認めておらず、牧師以外の人が行う場合、わざわざ「終祷」と呼んだり、牧師と同じように祝祷をさせないところが存在するのです。そのような見解は聖書に根拠がありませんし、万人祭司主義に反していて私は批判的です。

この前のお正月には元旦礼拝なるものがあり、神学部を卒業した女性が呼ばれて説教をした後、最後に上で書いたような祝福の祈りを捧げたのですが、プログラムには祝祷ではなく、「終祷」と書かれていました。やっていることは、普段牧師が行っているような祝祷そのものにもかかわらずです。
しかしこれはまだ私が見た中では良い方で、鹿児島の教会では神学生が説教をした時、神学生は手を上げて祈ることすら許されず、コリント第二を読み上げた後、それとは別にお祈りをさせられていたのです。そのときたまたま私は司会の当番で、確か礼拝のプログラムを書いた紙も印刷したのですが、祝祷と書いたら、執事の女性に「○○さん(神学生)は按手を受けていないから終祷と書きなさい」とはっきり言われたのを覚えています。他にも、牧師以外の人が説教などをする日は、祝祷の時だけわざわざ牧師が講壇に上がるところもあるそうです。

そもそも、断じて牧師などの祈祷者が祝福を与えるのでなく、あくまで祝福をもたらすのは神であって、祈る人はただ神からの祝福があるように祈っているのに過ぎないにもかかわらず、どうして按手礼を受けた牧師でないと祝祷の資格がないというのでしょうか。
牧師と一般信徒との地位がはっきりと分かれている教派なら、賛同はしないもののそういう立場が存在することは理解できますが、少なくとも私の属するバプテスト派では、建前では万人祭司主義を貫いており、たとえ一般信徒がバプテスマ(洗礼)や主の晩餐式(聖餐)といった礼典(サクラメント)を執行しても本来は問題はないはずなのです。

多大な世話になった人の批判をするのは心苦しいのですが、そういえば、上で言及した執事さんは、「神が立てた牧師に逆らうとおそろしいことになる」などと言っていたことがあるのも覚えています。万人祭司を真っ向から否定するような発言です。牧師だけでなく、教会に連なる一人一人が神に招かれ、神によって立てられ、それぞれのカリスマが与えられて用いられているはずだからです。彼女はもともと、鹿児島市内にある、牧師が独裁者のように権威を振るっているカルト的な教会から脱出したと言っていたので、まだそこで植え付けられた迷信の影響が残っているのかもしれません。
ですが、なにもそういう人でなくても、うちの教派だけでも、按手礼を受けた牧師以外に祝祷の資格がないと考えている教会はかなりの数に上るのではないでしょうか。
聖書にも祝福の祈りには特別な資格が必要であるなどと言うことは書いておらず、やはり、何か大きな勘違いをしているとしか考えられません。

今回の件についても、わざわざ正月から、遠いところから呼び寄せておいて、ちゃんと神学部を出ているにもかかわらず(出ていなくても問題だと考えていますが)、こんな見下した扱いをするのは無礼千万ではないでしょうか。私なら断固抗議します。
今日祝祷で読み上げられる文を書いた当のパウロも、イエスを直接知る他の使徒たちよりも、いわゆるお墨付きのない、劣った者と見なされていたく傷つき、そのような後ろ盾がない自分も使徒であると激しく長々と弁明したのでした。

なお、検索していてたまたま見つけたのですが、日本バプテスト連盟の神学部がある西南学院大学の教授である片山寛氏も、少なくとも欧米のバプテスト教会については、按手を受けたことと礼典執行とは結びつけて考えられているわけではないと述べています。礼典でさえそうなのですから、祝祷はなおさら按手とは関係のないことでしょう。

片山寛「按手礼についての議論の整理― 教理史を学ぶ立場から ―」(2016年1月6日閲覧)
http://repository.seinan-gu.ac.jp/bitstream/handle/123456789/224/th-n67v1-p61-74-kat.pdf;jsessionid=7CD5F232C4DE9A06812483E6B9138A65?sequence=1

おそらく、ですが、他のプロテスタント教派でも必ずしも両者が結びつくわけではないというのが私の憶測ですがどうなのでしょうか。他の教派の事情は知りませんので、ご存じの方は教えていただければと思います。

関連記事

no image

子供は外で遊べとはいうものの…

ある方のブログ(アフィリエイトの収入が月に50万円くらいあるそうでうらやましいです)を読んでみたら、

記事を読む

no image

顔の痛みと星状神経節ブロック

ところで、2013年はずっと顔の左半分がピリピリ痛くて鬱陶しく、そのペインクリニックでまずリリカとい

記事を読む

no image

ハルさんへ私信2

まだ見て下さっているのかわかりませんし、こんなところから申し訳ないですが、お絵描き掲示板にイタチを投

記事を読む

no image

支離滅裂な大阪経済大学の車内広告

電車内にはいろいろな大学の広告を見かけることが多いですが、軽薄な内容の広告も多いもので(たとえば額に

記事を読む

no image

携帯電話からの表示に対応

WordPressに引っ越ししてから、どうやら携帯電話からのアクセスではページが表示されなかったよう

記事を読む

no image

現在飲んでいる薬(リハビリも兼ねて)

徐々にサイトの方の復活させようと数度目のリハビリを試みているのですが、特に書くようなネタがないので、

記事を読む

no image

絶えざる欲望の刺激としてのアフィリエイト

前の記事には書きませんでしたが、もっと嫌らしい見方をすると、子供には外で遊べいうけれども、そういうあ

記事を読む

no image

『モラトリアム人間の時代』によると

イギリスの劇作家、ジョージ・バーナード・ショウは、二十代の頃に自分から家を飛び出し、作家になるために

記事を読む

no image

PAOの記事にまた文句

またPAOの記事にわけのわからないコメントが付きました。承認しないでゴミ箱に分類しても良かったのです

記事を読む

no image

ハルさんへ私信

返信サイズの制限にひっかかったようで、お絵描き掲示板のほうであれ以上返信できなくなってしまったのでこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑