勉強しまっせ引越しのサカイで大幅値引きしてもらう

現在京都で生活していますが、8月の頭に故郷のほうに一度戻ろうと考えておりまして、ネットから引越しの一括見積もりサービスを使い、アート引越しセンターとサカイ引越センターに訪問見積もりをしてもらった結果、大幅に値引きしてもらってサカイ引越センターに決めました。

前回、鹿児島から京都へ引っ越す際にはアート引越しセンターを使い、サービスには何の不満もありませんでした。今回の訪問見積もりも、ネットで見積もりをして数日も経たないうちに向こうから電話がかかってきました。見積もりには説明が丁寧で好感が持てる中年男性が来て、またアートに決めようかと思っていましたが、さすがに一件だけで決めるのは一括見積もりを申し込んだ意味がないと思い直し、サカイにもこちらから電話して訪問見積もりも依頼しました。アートから提示された金額は、7万円弱でした。引越し相場はよくわかりませんがまあ妥当ではないかと感じました。
距離は京都市からから大阪の堺市まで、荷物は一般的な単身者の量を超えるくらいで、洗濯機の設置サービス込みです。
なお、アート社からは見積もりのサービスとして箱入りのティッシュをもらいました。

さて、見積もりに来たサカイの社員はアートとは違い、もしかしたら私よりも若いかもしれないエネルギッシュな男性でした。最初に提示された料金は5万円ほどでした。この時点でもアートが出した金額よりも安いです。
引越しの日程も決まっていないしもう少し見積もりをとってみようかと考えているので即断はしかねると言ったら、今決めてもらったら4万円に値引きすると言われ、一度他の業者も試してみたかったのでサカイに決めてしまいました。さすがに後でアート引越しセンターに、サカイではこれこれ値引きしてくれたと言ってもこれ以上安くはならないだろうと感じたこともあります。アートとは違ってダンボールの無料回収サービスはありませんが、私にとっては気にならないポイントです。
なお、サービス品はお米1kg(いわて純情米)でアートよりも豪華でした。

実際に見積もりをとってみて、なんとなくわかったことは、繁忙期を選ばないこと、時間を指定しないこと、複数の会社で見積もりを取ること、最初に提示された金額で納得しないことができるだけ引越し料金を安くするコツではないかということです。

引っ越し業界もお客の取り合いで必死そうだと感じましたが、その一方でちゃんと利益は出ているのか、社員の過重労働はないのかなどと心配になりました。
サカイの社員のお兄さんは、僕も仕事を取ってこないといけないし、お知り合いにも広めて欲しいという意味で値引きしていると言っていたので、友達の少ない私はこうしてネットで感想を書いているわけです。

もちろん引越し自体はまだですので何が起こるかわかりませんが、大手ですし大した荷物もないので大きな間違いは起こらないでしょう。万一のために損害保険も入っていると説明もしていましたし…。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ