AX

「琴線に触れる」の誤用

公開日: : 日記

ある高校の吹奏楽部のドキュメンタリーで、有名らしい顧問教諭の言動が不快であったことを書いた記事のコメントに、「どのような発言が琴線に触れたのか」というコメントが寄せられました。おそらく投稿した人は、どのような発言が私の気に障ったのかという意味でそう書いたのだと思いますが、今まで私が生きてきて見聞きした限りでは、「琴線に触れる」という慣用表現は、良い意味で感銘を受けたものに対して使うはずです。悪い印象を抱いたものに対して用いた例は見たことがありませんでした。辞書を引いても確かにそう書いていましたが、デジタル大辞泉の補説によると、「文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「感動や共鳴を与えること」で使う人が37.8パーセント、本来の意味ではない「怒りを買ってしまうこと」で使う人が35.6パーセントという結果が出ている。 」と書かれていました。本来の意味ではない意味で使う人が意外にも多いことに驚きました。なにも今回の人が特別間違えたというわけではないのでしょう。今回コメントを投稿した人は文体などから察するに、おそらく私より若い、20代、もしかしたら10代の人だと思いますが、どういう年齢層でこのような使い方をしている人が多いのか、どこから生まれて広まったのかは気になるところです。

もっとも、すでに本来の意味とは違う意味が定着した表現などおそらくいくらでもあるでしょうし、私も気付かずに同じような間違いをしている言葉もあるでしょう。そもそも言葉は移り変わっていくものです。今回の「琴線に触れる」の用法には違和感を隠せず、明らかに間違っていると感じましたが、何十年もすれば彼ないし彼女の使った意味が定着しているのでしょうか。

関連記事

no image

八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』をkindleで買う

kindleで、八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』という本を買って読んでいる。ワンクリック

記事を読む

no image

帰省

更新が途絶えてしまいました。どうも文章を書く気力がまだないのです。 昨日大阪に帰省しました。一

記事を読む

no image

友人からLINEがくる

ブログをたまに覗いているが元気がなさそうで心配していると、久しく話していなかった大学時代の友人から昨

記事を読む

no image

「ポケモンNG」の教会と関係があり、まとめブログからツイートしたいのちのことば社社員

キリスト教系、特に、「聖書には一字一句誤りがない」という福音派系(ファンダメンタリスト、原理主義的傾

記事を読む

no image

書きなぐり

まだスランプから抜け出せていません。そこで、今後の知的活動(などと書くことさえおこがましいのは重々承

記事を読む

no image

やたら謝り過ぎの南海のアナウンス

南海電車で、外国人の乗客が多くて迷惑をかけているという旨の差別的なアナウンスが流れて問題視されました

記事を読む

no image

今週は

先週は何もする気が起こらなかったが、月曜日から少し気力が回復してきた。ここ数日は天気も良いので気分も

記事を読む

no image

教育委員会へ障害児の電話相談をする

昨日は、京都市の教育委員会が受け付けている、「「障害にかかわる子どもの教育 電話相談」窓口」を利用し

記事を読む

no image

お金がない

10月に入って1週間が過ぎようとしていますが、お金がありません。ニート同然なので減る一方なのは当たり

記事を読む

no image

風邪をひいて南天のど飴をなめる

情けないことに、風邪をひいてしまったようです。昨日、病院から帰った夜頃から喉が痛くなってきたので(私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
スマホゲー廃人に近づく

そんなことをしている場合ではないにもかかわらず、今になってスマホのゲー

no image
グラウンドカバー再挑戦その2

前回は北側にヒメツルニチニチソウの苗100株を植えましたが、今度はシバ

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑