AX

日中の眠気に耐えられない

公開日: : 日記

昨晩は早く寝て、ぐっすりと眠ったはずが、昼食をとった後急激な眠気に襲われ、6時前まで寝てしまいました。こういう状態がもう1年以上ずっと続いているのです。確かに誰しも昼食後から夕方は眠くなりがちなものですが、その範疇を超えています。
おそらく抗鬱剤の影響が強く、気分は安定しているので医者と相談した上で半量にしてもらったら、今度は気分が不安定になり、結局元に戻って今に至ります。調子がいいときは一日中覚醒して頭も冴えているのですが、全体から見たらごく少数です。
引越し先の近くの医者では、日中外に出る用事があれば眠くならないと言われましたが、用もないのに外に出るわけにもいかず、電車にでも乗ろうものならお金がかかるわけですし、そもそも私は家でやらなければならないことがたくさんあるのです。
熱いシャワーを浴びたりしていますが、なかなか眠気が取れません。これではいたずらに時間が過ぎていくばかりで本当に困ったものです。

関連記事

no image

「東京からの避難者」

先日、教会で、福井県の原子力発電所再稼働に反対する署名が回ってきた。教会にはよくこういうものが送られ

記事を読む

no image

戦時中の英語禁止に抗した話

私と祖母ほど年の離れている、英語教師を勤めていた知人から、女学生の頃は戦時中で英語が禁止されていたの

記事を読む

no image

実存主義は非歴史的なのか

とある神学の本を読んでいたら、実存主義は人間が歴史的存在者であることをないがしろにしているというよう

記事を読む

no image

「琴線に触れる」の誤用

ある高校の吹奏楽部のドキュメンタリーで、有名らしい顧問教諭の言動が不快であったことを書いた記事のコメ

記事を読む

no image

実家の犬が死ぬ

母親から、実家で飼っていた犬が死んだとメールがありました。普段メールなど全然しませんので、気を落とし

記事を読む

no image

近況(琵琶湖一周、引越し、日本縦断を控えて)

2013年の末頃から鬱病で通院中で、6月になりようやくほぼ全快に近づいたといえる状態になり、薬の量も

記事を読む

no image

5月16日の読売新聞の編集手帳がひどい

私は新聞を取っていません。必要性を全然感じませんし、いわゆる社説やコラムの類は安全圏から人を見下すよ

記事を読む

no image

山谷えり子、在特会の幹部とツーショット

高市早苗総務大臣が日本版ネオナチの代表と写真を撮っていたことが明らかになったが、今度は山谷えり子氏が

記事を読む

no image

クリーンセンター、市原、京都産業大学経由のサイクリング

昨日は久しぶりに朝から軽いサイクリングに行ってきました。特に何も考えずに鴨川をずっと北上したら、気づ

記事を読む

no image

テニススクール昇格

利き手ではない左手でテニススクールでレッスンを受けて4ヶ月ほど経ち、ようやく下から二つ目のクラスに上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

no image
大阪裁判所に初めて傍聴に行く

大学で法律を学んだ友人に触発されて、生まれて初めて裁判の傍聴に行ってき

no image
支離滅裂な大阪経済大学の車内広告

電車内にはいろいろな大学の広告を見かけることが多いですが、軽薄な内容の

no image
ウォーキングを始める

睡眠障害改善と、落ちきった体力を増強するため、今更ながらウォーキングを

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑