「みどりや」について書いたついでに、母校、高石中学校の公式サイトを久々に覗いてみたら、噴飯物の写真を見つけました。
私の在学中にはおそらくなかった、「英語研究部」という部活に興味が湧いてクリックしてみたら、生徒が英語のテキストらしきものを勉強している写真が載せられていたのですが、なぜか、その写真に、ドイツ語のテキストが写真の飾り?として貼り付けられているのです。(どうも「私の夏休み」というタイトルのようですが)
http://takaishi-gakkou.sakura.ne.jp/takatyu/club/ess/index.html

生徒が撮って載せたのか、教師なのかはわかりませんが、どうして英語研究部の活動写真にドイツ語の文章が必要なのでしょうか。どこかからレイアウトを拾ってきたのでしょうが、あまりにもセンスがなくミスマッチです。まさか、英語とドイツ語の区別がつかなかったのでしょうか。
それとも、何かの冗談のつもりなのでしょうか。そうだとしても意味不明です。
素直に英米文学からの引用などにすれば、こういう英文を読んでいますというアピールになるでしょうに。
こんな写真を載せていたら、活動実態があるのか、そもそも高石中学校ではまともに英語教育が行われているのかさえ疑わしい印象を与えても仕方がありません。

何から何まで昔からやっていることがいい加減だと改めて感じました。

ま、ドイツ語の勉強自体は面白いですよ。全然ですが私なんて。