7月8日トレーニング記録

昨日は七夕だったが特になにかあったわけでもなく。

レッグエクステンション
20kg*7
スクワット
55kg*10

デッドリフト
50kg*7
シングルレッグカーフレイズ
12.5kg*5

クランチ
5kg*6?7

ウェイトで30分弱。やはりプレートの付替え、重量の計算(単純計算が苦手なもので)に時間がかかっている。
レッグエクステンションはやはりこの環境ではかなり無理をしないとできない。足の甲の骨に乗せて挙げる形になっているので骨にも負担がかかるのではないか。

ちょっと手入れをしたからか腰の痛みは前よりはマシだった。スクワットはまだ余裕がある。レッグエクステンションをやった後でもこれである。これでも下ろす時はわざわざ4秒かけているのだが。このままだと片方30kg到達もすぐだ。というよりプレート枚数の関係上、ちゃんと両側ずつ足せばもう次から30kgか。足りなくなったらチューブを固く結びつけるか、重量を軽くして挙げるときもスローにするか、それともランジかブルガリアンスクワットにするしかないだろう。
このトレーニングだとハムストリングスへの刺激が弱いので、無理やりダンベルでレッグカールをするか、スティッフレッグドデッドリフトにした方がいいのかもしれないが、後者は本当にハムストリングスに効くんだろうか。むしろ腰にきそうな感じがするが。
カーフレイズはプレートを2枚重ねてその上で立ってやったが無理がある。やはり板かブロックが合ったほうが良い。なにか代用品はないだろうか。さすがに本は使いたくない。

クランチは疲れて前ほどできなかったが、腹直筋の下の方にも入っている感じはする。

昨日、ジョギングをするつもりだったができなくて、ウェイトの直後に昨日と明日の分もまとめてと、スピンバイクでタバタ式プロトコルを行った。ウェイトが終わった時点で心拍数は140台、タバタ3セット目くらいで180、最終的には182まで上がった。コナミスポーツクラブに置いてあるような固定式バイクなら、警告が出て強制停止するレベルである。(去年経験した)
普段はがんばっても170台がせいぜいだが、激しい筋トレで脳のリミッターが外れたのかもしれない。あまりに過酷なトレーニングだった。タバタは意外とウェイトの直後のほうが興奮しているからやりやすいかもしれない。当然、クールダウンは必要。
明日と明後日はストレッチやマッサージなどを入念に行って、散歩以外の運動らしい運動は控えるようにしたい。がんばりすぎるのも問題だ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ