眼瞼ミオキミアと診断される

ここ二週間ほど、右まぶたが不随意にピクピクするので、おそらくストレスや精神的なものによるものだとは思っていましたが、以前、ゴーグルも付けずに砂壁を剥がしたり、庭の土を掘って切り株を抜いたりしていたので、万が一、異物が入っていてはいけないと思い、念には念を入れて先日眼科に行って診察を受けました。

たいてい眼科に行ったら、視力検査や、眼球に空気をぽんと発射される検査(大の苦手)などを受けるものですが、その日は直接医師のいる部屋に通され、診察の結果、「眼瞼ミオキミア」だと診断されました。寝不足、ストレス、疲れなどが原因でそのうち治る類の症状だそうで、すべて心当たりがあり、思った通りで一安心しました。

その後、もしかして睡眠薬を飲んだりしていませんよねなどと尋ねられたので(ということはその日は元気に見えたのでしょう)、「ドンピシャですね」と答えたら、両眼でまばたきをするように言われてそのとおりにしたら、特に異常はないと言われました。あとで調べてみたところ、長期間睡眠薬や向精神薬を飲んでいる人は、どうやら眼瞼ミオキミア以外の症状で痙攣していることがあるようですが、私には当てはまらかったようです。
アレルギー性結膜炎も併発しているので(自覚症状はありませんが)、目薬を出してもらい、なんだかんだで合わせて2000円くらいかかりましたが、とりあえず大事ではなかったことがわかった安心料と思えば仕方がないでしょう。
今日は心なしかマシな気がします。それでも違和感は消えてはいませんが。

ところで、「ミオキニア」というのはいかにもラテン語っぽい響きの名前だと思いましたが、実際はギリシア語由来だそうです。勉強不足ですね。
でもなんでこういう病名って翻訳しないんでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ