祖母と会う

昨日は父方の祖母に昼食をごちそうしてもらった。もう88歳で、孫からするとこうして食事ができるだけでありがたいものである。
年齢を考えれば無理はないが、年々身体は弱っていくし、買い物に行くのもおっくうになるなど生活力も落ちているようである。
しかしいつも気ははっきりしていて、服装もお洒落なニットものを重ね着していた。性格的に考えても老人ホームなどには入りたがらないだろうし、そんなところに入ったら一気にぼけてしまうかもしれない。幸い会おうと思えばいつでも会えるところに住んでいるのだから、当面は他の親戚とも連携して、定期的に様子をうかがうようにしたい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ