AX

書きなぐり

公開日: : 日記

まだスランプから抜け出せていません。そこで、今後の知的活動(などと書くことさえおこがましいのは重々承知していますが)の方向性を定めるため、現在どのようなテーマに関心があるのかを思いついただけ書き殴ってみることにします。

本来の自己になるというキルケゴールのモチーフ。しかし、英米の分析哲学もフランスのポストモダニズムもおおむねその自己という概念を解体する方向へと向かっていると思われるが、それとどう対話するのか。今の時代に自己から思索を始めることは可能なのだろうか。自己といえば精神分析も無視できまい。

かけがえのない自己を埋没させ、周りと同化させてしまう大衆社会の問題。キルケゴール、ニーチェに始まり、ハイデッガーやオルテガ・イ・ガセットなど。二元論的な批判は乗り越えられるか。

第二次大戦中のドイツでの教会闘争について(バルトやボンヘッファーなど)
日本でも今集団的自衛権などが問題になっている。キリスト教徒として、戦争という最悪の行いにどう抵抗するべきなのか。日本に住んでいる者としては、右翼的勢力と繋がりのある神道、とりわけ靖国神社や国家神道の正体についても突き詰める必要があるのではないか。それは天皇の問題にも関係してくるであろう。

バルトは啓示の立場から自然神学をどう批判したのか。

ブルトマンの非神話化に対する理解。神やキリストの実在まで神話化してしまうおそれはないのだろうか。

そもそも上記(教会闘争の件は関係ないでしょうが)のようなことを考えだすと、(不毛な)形而上学ないし存在論に行き当たるのは不可避なのだろうか。たとえばハイデッガーはキルケゴールを実存的であっても実存論的ではないと批判していたが…。

本当の今の私の課題は教育であるから、上のようなテーマを教育にも絡めたいがなにかないだろうか。コミュニケーション、現象学などなど。

関連記事

no image

心拍数測定

測り始め85、5分経過で75。有酸素運動不足。8月は仰向けに寝た状態で60を切っていた。 キーボー

記事を読む

no image

3月14日、3月17日、3月20日トレーニング

10日以来更新がありましたが、トレーニングを怠っていたというわけではなく、単に記録を掲載するのを怠っ

記事を読む

no image

ニンテンドー3DSとポケモンを買う

気力が戻ってきたこともあり、Amazonで本を買い込んで読んでいます。それだけならよいのですが、昨日

記事を読む

no image

甲子園ヘ行く

昨日は所用で京都から兵庫西宮の甲子園まで自転車で走ってきました。阪神戦を観に行ったわけではありません

記事を読む

no image

XperiaZ(SO-02E)のバッテリー交換に失敗しスマホ破壊

2013年の春に購入して使ってきたスマホ、XperiaZ(SO-02E)のバッテリーの減りが早くなっ

記事を読む

no image

『聖書を「正しく」読むために』?

そろそろ諸事情で必要に迫られてきているので、買ったものの中途半端にしか読んでいなかった、G.D.フィ

記事を読む

no image

抗鬱剤を飲み始めて2年弱

抗鬱剤を飲み始めて二年弱が経つが、ここ1ヶ月ほどはだいぶ気分、気力ともに安定してきている。現在はサイ

記事を読む

no image

イーレックス、低圧電力の料金公開

新電力会社のイーレックスが、事業所などの動力用の低圧電力プランの料金を公開しました。 http:/

記事を読む

no image

中京青少年活動センターのトレーニング室の利用者マナーと職員の対応

先週から、数ヶ月ぶりに中京青少年活動センターのトレーニング室でウェイトトレーニングを再開しました。昨

記事を読む

no image

実存主義は非歴史的なのか

とある神学の本を読んでいたら、実存主義は人間が歴史的存在者であることをないがしろにしているというよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑