AX

山谷えり子、在特会の幹部とツーショット

公開日: : 日記

高市早苗総務大臣が日本版ネオナチの代表と写真を撮っていたことが明らかになったが、今度は山谷えり子氏が5年前に在特会の幹部と写真を撮っていたという。当然どちらも本人はそのような団体の人物だとは知らなかったと釈明しているが、そういうことがありえるのだろうか。仮にそうだとしても、排外主義的な極右団体からお友達だと思われているという事実は否定のしようがない。たとえば在特会の連中が菅直人氏や福島瑞穂氏にツーショットを頼むようなことがあるだろうか。この人なら自分たちの主張を理解してくれているだろうし、この人と撮れば自分たちの良い宣伝になる、ある種のお墨付きがもらえると思っているから撮ってくれと頼むのであろう。これは単なる誤解にすぎないのだろうか。
高市氏も山谷氏も、この際、きっぱり自分が在特会たちの標榜するような思想とは一線を画していることをはっきりと表明すべきだと思う。できるならの話だが。内心ではシンパシーを抱いている気がしてならない。

関連記事

no image

『一億人の英文法』読み始めてから10日経過

著者の勧めどおり、一週間から10日以内に読むつもりの、『一億人の英文法』を読み始めてから10日が過ぎ

記事を読む

no image

新年明けましたが…

更新する気力がありません。とりあえず近況報告でもしてみます。 明日は自転車のクリーニングをする

記事を読む

no image

タンクトップ禁止のトレーニング施設

今回は名前は出しませんが、私が通っているトレーニング施設は、タンクトップ禁止で、袖のあるTシャツなど

記事を読む

no image

近況(琵琶湖一周、引越し、日本縦断を控えて)

2013年の末頃から鬱病で通院中で、6月になりようやくほぼ全快に近づいたといえる状態になり、薬の量も

記事を読む

no image

『1億人の英文法』を読み始める

大西泰斗、ポール・マクベイ著『一億人の英文法』をAmazonで購入して読み始めました。 なぜ『

記事を読む

no image

八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』をkindleで買う

kindleで、八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』という本を買って読んでいる。ワンクリック

記事を読む

no image

琵琶湖一周と引越しは完了、日本縦断は中止

先週は無事に友人と琵琶湖一周を終え、その翌々日は引越しをしましたが、日本縦断のほうは急な予定が入り、

記事を読む

no image

3月14日、3月17日、3月20日トレーニング

10日以来更新がありましたが、トレーニングを怠っていたというわけではなく、単に記録を掲載するのを怠っ

記事を読む

no image

ドクター金山こと金山昌秀氏に逮捕状?

何者かによって各地の寺院に油がまかれた事件がありましたが、どうも報道を見る限りでは、容疑者として浮上

記事を読む

no image

Amazonは差別を野放しにしている

私はAmazonを頻繁に利用するのですが、特に政治的な内容を扱った本には、レビューやコメントの名を借

記事を読む

Comment

  1. 安倍晋三は韓国へ帰れ より:

    あの~、在特会は安倍政権を批判していた気がします。

    安倍総理という最強の売国奴との戦い(在特会福岡支部長)
    http://www.youtube.com/watch?v=It2tR7-BV70

  2. コロコロ考えが変わるんですね。あるいは革マル派と中核派の内ゲバみたいなものでしょうか。
    韓国へ帰れなどという差別的発言をするような人には今後コメント承認しないでおきましょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

no image
大阪裁判所に初めて傍聴に行く

大学で法律を学んだ友人に触発されて、生まれて初めて裁判の傍聴に行ってき

no image
支離滅裂な大阪経済大学の車内広告

電車内にはいろいろな大学の広告を見かけることが多いですが、軽薄な内容の

no image
ウォーキングを始める

睡眠障害改善と、落ちきった体力を増強するため、今更ながらウォーキングを

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑