M-1ミストなどの育毛剤は効果があるのか疑問

ある友人に「世の中の悪い面ばかり見ないように」と諭されたこともありますし、このブログでは人や物の批判を書くまいと思っていたのですが、性分なのかまた以下のような記事を書いてみます。

昨年の8月末に実家に帰ったら、「M-1ミスト」が置いてありました。M-1ミストとは、いわゆる育毛剤です。ネットでよく広告を見るので前々から名前は聞いたことがありました。販売者のサラヴィオ化粧品」のサイトによりますと、M-1ミストは「世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞したそうで、その他どのように発毛作用するかについて科学的っぽい説明が長々と書いてあります。1~1.5ヶ月分で一本9800円だそうです。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょうが、私には効くのか効かないのかわからないような育毛剤に1ヶ月1万円近くも払う気にはなりません。後述しますようにまずは病院へ行くでしょう。

家にあったM-1ミストは、前の記事で言及した、長年口を利いていない険悪な仲の弟のもので、母に、円形脱毛症か、ストレスが原因か、と尋ねたら、そうだという答えが返ってきました(病院へかかって本当にそう診断されたのかは不明)。弟は小さい頃にも髪の毛が大量に抜けたことがあり、お前がいじめるからだと親に言われたことがありました。その真偽はともかく、このM-1ミスト、本当に効果があるのでしょうか。そこで調べてみると、賞を取ったという「世界毛髪研究会議」と検索しても、M-1ミストやサラヴィオ化粧品の関連サイトしか出てこず実態がわかりません。唯一関係なさそうな「毛髪科学研究会」のページの中の「World Congress for Hair Research」の受賞者にサラヴィオ化粧品の名前が書いてありました。毛髪科学研究会は、東京医科大学のページ内にあることから、世界毛髪研究会議というのは一応学術的な研究会議ではありそうです。しかし、私自身、個人的に、怪しい、オカルトチックなものに惹かれる傾向や、人に騙されやすい傾向があるのを自覚しているのでなおさらこのような商品には懐疑的にならざるを得ないのです。とはいえ、私は実際にM-1ミストやその他の育毛剤を試したことはありませんし、今のところ幸い試す必要性にも迫られていないので本当のところはわかりません。

ところで、Googleで「M-1ミスト」と検索して出てくるのは、本体のサラヴィオ化粧品以外では、ほとんどがM-1ミストの販売ページへリンクしているサイトばかりです。ご存じない方のために説明しますと、アフィリエイトといいまして、ある商品を自分のサイトで宣伝してそこから購入なりされますと、宣伝した人に報酬が入る仕組みになっているのです。しかも彼らアフィリエイターは競合に勝つため、検索したら自分のページが上位に出てくるように色々と細工(SEO、検索エンジン最適化)をしているのです。私も規模はごく小さいですが長年このサイト以下でアフィリエイトを行っているのでその辺の事情はだいたいわかるのです。

たとえば、1ページ目に出てきたあるサイトには「M1ミストの効果は本当か試しました」と題されていますが、よく読むと当り障りのない、実際に使っていなくても書けるようなことしか書いていないことがわかります。もちろん、効果があると断言すれば薬事法にひっかかるでしょうから、当り障りのないことを書かざるをえないのかもしれませんが。

このように「M-1ミスト」とGoogle検索をかけて出てくるのは、M-1ミストや他の育毛剤を褒めちぎって販売ページに誘導させようとするアフィリエイターのページが多いですが、AmazonでM-1ミストの過去の販売ページを調べあげてみますと、対照的に以下のようなレビューを見つけました。

ネットで検索し高価だが1番人気で、効果が有ればと購入。使用開始しようとするも使用説明に使用量が書いてなく2ヶ月もつとの説明で購入したのでメーカーに問い合わせると髪の量で個人差が有るとのこと。では1日何回スプレイすると約2ヶ月もつかの問いにも答えられず?過大広告ではと疑問に思うが自分で測定して使うことに。
使用開始前にカメラで頭部を撮影し1ヶ月たった現在と比較した(確か効果無い時1ヶ月まで返金可能)変化無いかむしろ髪の毛が減ったように見える?
育毛剤を毛髪ミストM-1に変えてから部屋に抜け毛が増えたようにも感じていた、とりあえずこのまま続けて効果なければ広告や評判と違うようなのでこの1本で止めようと思う。
使用感は純水をスプレイしているような何の感覚も無い薬品?です。

2011年か2012年に(頭のおかしい)ネット右翼がデマを真に受け、集団になって、花王の製品に嘘のマイナスレビューを大量に書き込んで評判を落とそうとしたことがあるように、Amazonのレビューも当然ながら100%信用できるものではありませんが、上記のレビューは「Amazonで購入済み」マークがついていることから、実際にM-1ミストを購入して試した人が書いた、信ぴょう性が高いものと思われます。結局、いくらさも科学的根拠があるようで、権威ある賞を取ったとしても、効かない人は効かないというのが真相でしょう。アフィリエイター含め、大々的に宣伝しているからよく売れているのでしょうから、本当に効果があるのならもっとはっきり効果があったというレビュー、口コミがあっても良いはずですが、そのようなレビューは見たことがありません。現在のAmazonの販売ページでも、つけ心地がよかったというレビューはあっても、実際に髪の毛が生えてきたというレビューはありません。ただし、「M-1ミスト」と検索して1ページ目に出てきた楽天のレビューを見たら、抜け毛が少なくなったというレビューがありましたので、効く人には効くのかもしれませんが、後述しますように脱毛の原因は多岐にわたり、抜け毛が少なくなった、髪が生えてきたことが本当にM-1ミストや育毛剤の効果のおかげだという保証はどこにもありません。

私は、報酬目当てに販売者側の表記を鵜呑みにし、本当に効果があるのかもわからないようなM-1ミストのごとき商品を宣伝することには慎重になるべきだと思いますし、まして本当は買ってもいないのにあたかもM-1ミストを試して効果があったかのような嘘の感想を書いて売りつけようとしているアフィリエイターはお金のために魂を売った悪鬼のような人たちであって、いくらアフィリエイト報酬が儲かろうとも私はそういう人たちの真似はできそうにありません。

板羽忠徳『20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社プラスアルファ新書)
』によりますと、脱毛の原因は、遺伝的要素、食生活のアンバランス、精神的なアンバランス、健康上の問題、間違った手入れと多岐にわたるそうです。したがって、たとえば偏食や精神的なストレスが原因で脱毛症で悩んでいる人がM-1ミストのごとき育毛剤を使ったところで効くかどうかは疑わしいものです。したがって脱毛で悩んでいる方はM-1ミスト、その他育毛剤を使う前に、まずは実績があってきちんと話を聞いてくれる専門医を探し、医学的な観点からのアドバイスを受けた上での治療を始めるべきでしょう。私の弟のように「精神的なもの」が原因で円形脱毛症になっている人ならなおさら、それ以前に心療内科や精神科へ行ってケアを受けるべきでしょう。お金もかえってそのほうが安上がりになるのではないでしょうか。幸い脱毛症になったことがない私にはわかりませんが、治療を受けた上で効果がないからわらにもすがる思いで怪しげな商品に飛びつくのでしょうか。

なお、私の弟の円形脱毛症がM-1ミストで改善されたのかどうかは不明ですが、11月か12月の時点でまだ家の中にあったことは事実です。弟とはいえ人のプライバシーを暴いて悪趣味な奴だと思われるかもしれませんが、なにも弟の部屋に入って探しだしたわけでなく、リビングに堂々と置いてあったのが目に留まったまでです。

余談ながら『20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社プラスアルファ新書)
』は個人的にフケが多くなにかよい対策法はないかと思ったので買ってみました。著者は長年髪の悩みの相談を受けている理容師、美容師だそうで、脱毛症その他髪、頭皮の悩みに対する様々な対処法が、生活習慣からシャンプーのやり方に至るまで多く載っています。それらを800円超で知ることができると思えば、効くのか効かないのかわからない怪しげな育毛剤を大金を出して買うよりもお得だと思うのですがいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ