AX

『イギリス文学入門』の「おわりに」についてのメモ

公開日: : 教育, 書評

『イギリス文学入門』の石塚久郎による「おわりに」
「文科省が進める『誤った』英語教育」

人間にとって本質的な言語としてではなく、ビジネスツールとしての英語の崇拝。文学のツール化。ツール化した教養とはなにか。コミュニケーションの種としての文学史の知識。
自己を形成するための、歴史的な知の解釈としての教養との対比。
文学研究の本当の奉仕とはなにか。(私自身は文学研究に携わるつもりはないが)

関連記事

no image

『昔はよかったというけれど 戦前のマナー・モラルから考える』の感想

残虐で陰惨な事件は新聞やニュースの報道で絶えることがない。たとえば、つい最近は、女子高生が同級生を殺

記事を読む

no image

100分de名著『愛するということ』を見る

NHKのEテレで毎週水曜日の午後11時から放送している番組『100分de名著』の今月のテキストは、エ

記事を読む

no image

弱虫ペダル4巻「大阪には六甲山がある」!?

友人に勧められて、『弱虫ペダル』という漫画を読み始めました。アニメもやっていると聞きましたがそちらは

記事を読む

no image

淀川工科高等学校の吹奏楽部のドキュメンタリーに対する違和感

私はほとんどテレビを見ない人間です。見ていて不快になることのほうが多いからです。しかし、嫌でも目に入

記事を読む

no image

ファンダメンタリズムの誤解されやすい特徴(ジェームズ・バーによる)

ジェームズ・バー『ファンダメンタリズム その聖書解釈と教理』によると、ファンダメンタリズム(キリスト

記事を読む

no image

中学校の合唱コンクールといじめの話

先の記事を書いていて、私が中学校の頃に、いじめや嫌がらせに耐えられずに学内の合唱コンクールを欠席した

記事を読む

no image

八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』をkindleで買う

kindleで、八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』という本を買って読んでいる。ワンクリック

記事を読む

no image

ルター『聖書への序言』における「藁の書」の真相(書きかけ)

この文書は書評、アウトプットのリハビリも兼ねています。 宗教改革者にしてプロテスタントの祖の一

記事を読む

no image

「「昔はよかった」と言うけれど に対する反応が酷い件について」という記事が酷すぎる件

前の記事で、大倉幸宏『昔はよかったと言うけれど』の感想を(というよりは紹介?)書きました。その後、「

記事を読む

no image

阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』メモ

ブックオフの100円コーナーで買ってほとんど積読状態だったが途中まで読んだ。 創唱宗教と自然宗

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑