AX

『イギリス文学入門』の「おわりに」についてのメモ

公開日: : 教育, 書評

『イギリス文学入門』の石塚久郎による「おわりに」
「文科省が進める『誤った』英語教育」

人間にとって本質的な言語としてではなく、ビジネスツールとしての英語の崇拝。文学のツール化。ツール化した教養とはなにか。コミュニケーションの種としての文学史の知識。
自己を形成するための、歴史的な知の解釈としての教養との対比。
文学研究の本当の奉仕とはなにか。(私自身は文学研究に携わるつもりはないが)

関連記事

no image

淀川工科高等学校の吹奏楽部のドキュメンタリーに対する違和感

(2017年5月8日追記) 今までに少なからず反響を頂いており本文を読み返してみましたが、冗長な文

記事を読む

暴力はいいぞ!!

鹿屋中央高校野球部の暴力事件に思う

(アミバ様は大喜び?) Twitterを見ていたら、フォローしている人が、以下のようなつぶ

記事を読む

no image

「「昔はよかった」と言うけれど に対する反応が酷い件について」という記事が酷すぎる件

前の記事で、大倉幸宏『昔はよかったと言うけれど』の感想を(というよりは紹介?)書きました。その後、「

記事を読む

no image

弱虫ペダル4巻「大阪には六甲山がある」!?

友人に勧められて、『弱虫ペダル』という漫画を読み始めました。アニメもやっていると聞きましたがそちらは

記事を読む

no image

ルター『聖書への序言』における「藁の書」の真相(書きかけ)

この文書は書評、アウトプットのリハビリも兼ねています。 宗教改革者にしてプロテスタントの祖の一

記事を読む

no image

八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』をkindleで買う

kindleで、八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』という本を買って読んでいる。ワンクリック

記事を読む

no image

100分de名著『愛するということ』を見る

NHKのEテレで毎週水曜日の午後11時から放送している番組『100分de名著』の今月のテキストは、エ

記事を読む

no image

ファンダメンタリズムの誤解されやすい特徴(ジェームズ・バーによる)

ジェームズ・バー『ファンダメンタリズム その聖書解釈と教理』によると、ファンダメンタリズム(キリスト

記事を読む

no image

『昔はよかったというけれど 戦前のマナー・モラルから考える』の感想

残虐で陰惨な事件は新聞やニュースの報道で絶えることがない。たとえば、つい最近は、女子高生が同級生を殺

記事を読む

no image

『1億人の英文法』を読み始める

大西泰斗、ポール・マクベイ著『一億人の英文法』をAmazonで購入して読み始めました。 なぜ『

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
堀川今出川にゴールドジムができるらしい

昨日届いたダイレクトメールで知って驚きましたが、日本どころか世界最高峰

no image
精神不安定

抗鬱剤を飲んで4年目、ようやく全快のめどが立ってきたと思っていたら、ど

no image
私の中学校の部活顧問

教員が強制的に部活動の顧問に従事させられ、休日までほぼ無給で出勤させら

no image
サムライアクアマリンフレグランスミストは香りが弱い気がする

私は全身に汗をかきやすい上、おそらくワキガなのでニオイ対策が欠かせませ

no image
ジョギング始めて3週間

今年からスタミナ不足解消のため、せっかく広い府立公園が近くにあることで

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑