AX

〈1冊でわかる〉シリーズとA Very Short Introduction

公開日: : 日記, 書評

ふと調べ物をして思い出したのですが、岩波書店から「〈1冊でわかる〉シリーズ」と銘打った本が出版されています。これは、オックスフォードから出ている、さまざまな分野について専門家が比較的簡潔な解説をしているシリーズ本の翻訳なのですが、シリーズ名の原題は、「1冊でわかる」などではなく、A Very Short Introductionです。オックスフォードの意を汲むと、「ほんの手短な導入」であって、なにもこのシリーズの本を読んで、その分野がわかった気になるようになるなどというような意図は感じられません。ですから、「1冊でわかる」というのは原題とは対極にあるような最悪の訳だと思います。岩波書店ともあろうものが、一体何を考えているんでしょうか。安易なマニュアル本のように装えば売れるとでも考えているからこんな訳にしたのでしょうか。私たち読者の方にも、物事を深く調べて考えることを怠り、手っ取り早いものに飛びつく傾向があるから、そんな舐めた題をつけられたのかもしれません。

なお、「〈1冊でわかる〉シリーズ」の本は、日本語未翻訳のものも含めて私も数冊持っています。私の持っているものを読んだ限りでは、確かにわかりやすく書かれていますが、決して中立的な、当り障りのないような説明とは言いがたく、著者の主張、立場が前面に出されているのが特徴だと感じています。〈1冊でわかる〉シリーズの本の著者の立場は、本の中で扱われているトピックについてのあくまで一つの見解にすぎないわけです。A Very Short Introductionですと、私にできる簡単な導入は済んだから、あとは各々が自分で考えてくれという著者のニュアンスが伝わるのに対し、そういった面でも、なおさら〈1冊でわかる〉などというのは不適切な訳だと思います。

関連記事

no image

八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』をkindleで買う

kindleで、八木谷涼子『なんでもわかるキリスト教大事典』という本を買って読んでいる。ワンクリック

記事を読む

no image

3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと体調が優れません。身体もだいぶ

記事を読む

no image

メモ

道徳教育 修身との比較 愛国心 道徳教科書・・・格言や「いい話」の羅列・・・なにがいけ

記事を読む

no image

書きなぐり

まだスランプから抜け出せていません。そこで、今後の知的活動(などと書くことさえおこがましいのは重々承

記事を読む

no image

琵琶湖一周と引越しは完了、日本縦断は中止

先週は無事に友人と琵琶湖一周を終え、その翌々日は引越しをしましたが、日本縦断のほうは急な予定が入り、

記事を読む

no image

阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』メモ

ブックオフの100円コーナーで買ってほとんど積読状態だったが途中まで読んだ。 創唱宗教と自然宗

記事を読む

no image

サイト復帰に向けて

私は一応10年以上前からホームページないしウェブサイトを運営していますが、ピークだったのは2006年

記事を読む

暴力はいいぞ!!

鹿屋中央高校野球部の暴力事件に思う

(アミバ様は大喜び?) Twitterを見ていたら、フォローしている人が、以下のようなつぶ

記事を読む

no image

「東京からの避難者」

先日、教会で、福井県の原子力発電所再稼働に反対する署名が回ってきた。教会にはよくこういうものが送られ

記事を読む

no image

風邪をひいて南天のど飴をなめる

情けないことに、風邪をひいてしまったようです。昨日、病院から帰った夜頃から喉が痛くなってきたので(私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑