AX

センター試験廃止への批判の必要性

公開日: : 日記, 未分類

昨日と今日はセンター試験です。予備校のサイトに問題と解答が公開されていたので、倫理と英語とドイツ語を解いてみました。倫理は21歳で受験した当時は82点ほどだったと記憶していますが、先ほど解いてみたら10問以上間違え、怖くて採点していません。70点もないのではないでしょうか。英語は175点、ドイツ語は186点でした。

ドイツ語は英語に比べたら明らかに簡単で、初学者でも1年ちゃんと勉強したら私と同じくらいの点数は出せると感じたので、いつか、英語嫌いの悩める受験生に向けて、センター試験をドイツ語で受けようサイトでも作ろうかと思いつきましたが(もちろん、英語ができないまま大学に入っても結局困ったことになるのですが)、そもそも、センター試験を廃止する方向で政府が話を進めているということを思い出しました。

センター試験を廃止して、高校在学中に受ける、「到達度テスト」を新しく作るらしいですが、ざっと概略を見た限りでは改悪だと感じています。

そんなことをしたら、高校生の負担は増大する上、中学の時点で進学校でバリバリ受験勉強をしている中高一貫校の生徒や、塾や予備校に通える経済的余裕のある生徒が有利になるに決まっています。今以上に社会的な格差、受験生のスタート地点が大きく反映されてしまうでしょう。

また、フランスのバカロレアやドイツのアビトゥーアを真似したいのか、記述式の小論文などにシフトするらしいですが、小論文は採点基準はどうしても主観的なものになり、受験する側からすればブラックボックスだという欠点があります。(ただし、私自身は、高校生まで時点で論文の書き方や考え方を教えるべきだとは思っています。何の役にも立たない読書感想文や作文の代わりに)

浪人や、大人になってから大学に入ろうと思った人たちの扱いは一体どうなるのでしょうか。もちろん、私学なら二次試験を受ければいいだけですが、現状でセンター試験を受けなければいけない国立大学はどうなるのでしょう。学費が安い国立大学を目指している受験生も多いでしょう。

部活の実績も考慮されるそうですが、運動神経や、特殊な技能に恵まれない生徒との間に不公平は生じないのでしょうか。

面接などの人物重視ということらしいですが、大学生と就活と同じで、面接先に媚びへつらう、美辞麗句を並べる都合のいい人間が採用される危険は孕んでいないでしょうか。一体誰が面接をするのでしょうか。(就活商法と同じようなビジネスが賑わってお金が動きそうですね)
全国共通の機関が人物判定をするのであれば、なおさらその組織の一律的な価値観によって人物が測られるおそれはないのでしょうか。それをもって全国の国立大学への門が閉ざされるようなことになれば受験生からすればたまったものではありません。また、容姿など本人の人格や能力に関係のない要素が影響されないのでしょうか。

まだ断片的な情報しか報道されていないのもありますが、疑問符がつくことだらけです。

センター試験廃止の根拠としては、学力の低下などの声もありますが、実際にはどうなんでしょうか。印象論だけで語ってはいないでしょうか。仮に学力が低下していたとしても、これらのことから、その解決策としての到達度テストには到底同意できるものではありません。

そもそも、提言を行っている教育再生実行会議自体、クリスチャンの肩書きを利用している作家の曽野綾子などの教育のド素人や、悪名高い「新しい教科書を作る会」の関係者など、いかがわしい人物ばかりで構成されている組織だということも忘れてはならないでしょう。また、安部首相や、下村文科省は、「神道政治連盟国会議員懇談会」などという、政教分離に真っ向から反している組織に属しています。

こんなニセ教育者が跳梁跋扈することは断じて許されるものではありません。あれこれ批判してみましたが、我ながらまだまだものの見方が甘いと思っています。センター試験を廃止させようとしている人たちの背景にある意図や考え方がまだ見えてきません。ともかく、現場の教育関係者や、受験勉強に勤しんでいる高校生たちには、はっきりと反対の声を上げて欲しいものです。

ダイヤモンド社のサイト内の下村博文氏へのインタビュー
http://diamond.jp/articles/-/60886
もう突っ込みどころ満載。東大への歪んだコンプレックスが感じられるのは気のせいか?東大生に「人を思いやる優しさや慈しみの心、また、新しいものや多様なものを受け入れることができる姿勢」が欠けているとでも本気で思っているのだろうか。そりゃ確かに傲慢な人もいるでしょうけど…。大学じゃあ東大卒の先生に大変お世話になりました。彼が聞いたら苦笑いしながら皮肉たっぷりに批判することでしょう。
下村氏たちの政策はむしろ価値観の一律化、大学への入口を狭める結果になるのではないか。

関連記事

no image

タイムズレンタカーで車を借りるなら安心補償コースに入るべき

先日、鹿児島でレンタカーを借りてドライブしていたら、田舎道の脇から突き出していた枝でボディ側面を擦っ

記事を読む

no image

「献金は信仰のバロメーター」?

キリスト教会では、「献金は信仰のバロメーター」という言い方がよくなされるように思います。実際、ググっ

記事を読む

no image

Sleipnir5が不安定なのでFirefoxにしました

今までブラウザはSleipnirを使っていたのですが、この度Firefoxに変更しました。なぜかとい

記事を読む

no image

『一億人の英文法』読み始めてから10日経過

著者の勧めどおり、一週間から10日以内に読むつもりの、『一億人の英文法』を読み始めてから10日が過ぎ

記事を読む

no image

ニンテンドー3DSとポケモンを買う

気力が戻ってきたこともあり、Amazonで本を買い込んで読んでいます。それだけならよいのですが、昨日

記事を読む

no image

相手にする価値もない人たち

シリアの難民を中傷するような差別的な絵をSNSで描いた人がいたようで、マスメディアでも取り上げられて

記事を読む

no image

100分de名著『愛するということ』を見る

NHKのEテレで毎週水曜日の午後11時から放送している番組『100分de名著』の今月のテキストは、エ

記事を読む

no image

クリーニング店の底力

袖やポケットの際などに黄ばみがついてしまった綿のジャケットをクリーニング店に持って行ってしみ抜きをし

記事を読む

no image

同志社継志館のトレーニングジムはいまいちおすすめできない

同志社の関連施設である、継志館というフィットネスクラブに行って、トレーニングジムを見学、利用してきま

記事を読む

no image

FilezillaとWinSCP

私はFTPクライアントはFilezillaを使用していました。最初はFFFTPでした。 先日、今更

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
グラウンドカバー(グランドカバー)再挑戦その1

昨年、8月に引っ越してすぐに庭の雑草対策としてヒメイワダレソウを植えま

no image
危機感

病を患っているとはいえ、どうもここ数年、ほとんど時間に見合った成長をし

no image
3月に入り…

どうもこの頃は、精神面に限らず、緊張性頭痛、偏頭痛、食中毒になったりと

no image
風邪を引いて銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んだが…

先週の火曜日くらいから風邪を引いてしまいました。いつも私は喉が痛くなる

no image
「自殺」か「自死」か?

面識のある人が自ら命を絶っていたことを知り衝撃を受けました。 ところ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑