風邪をひいて南天のど飴をなめる

情けないことに、風邪をひいてしまったようです。昨日、病院から帰った夜頃から喉が痛くなってきたので(私は風邪はいつも喉の痛みから始まる)、もしやと思い、夜食の後に総合かぜ薬のパブロンを飲んで寝ましたが、起きたら鼻水が出て、熱っぽさもありました。トレーニング室でうつされたのかもしれません。
全身の節々が痛いですが、これは風邪のせいなのか、前日のウェイトトレーニングの筋肉痛なのかわかりません。なにかできる気力もなかったので、昼間安静にしていました。

私は喉を痛めやすいほうなので、このようなときに備えて買っておいた、南天のど飴を食間になめました。この南天のど飴は、ただののど飴ではなく、れっきとした医薬品なのです。喉が痛いと、息をしたり、唾液を飲み込んだりするのも辛くてたまらないものですが、結果、今のところは、以前風邪を引いたときより楽なように感じています。喉の炎症を起こしやすい人は常備して損はないと思います。

金曜日か土曜日にまたウェイトトレーニングをする予定でしたが、この様子では少なくとも金曜日はできなそうです。非常に激しい運動であることを考えると、症状が治まっても安静にしておいたほうが身のためでしょう。焦りは禁物です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ