ドクター金山こと金山昌秀氏に逮捕状?

何者かによって各地の寺院に油がまかれた事件がありましたが、どうも報道を見る限りでは、容疑者として浮上しているのは、ドクター金山こと、金山昌秀氏のようです。

私はこの人物の名前は以前にも聞いたことがあるのです。だいぶ前に、私の通っている教会で、金山氏を心酔していたらしいある人が、彼が講演した集会のDVDを牧師に渡していました。牧師は全く興味がありません。

おそらく金山氏は、キリスト教の中でも20世紀になって生まれ、爆発的に影響力を広めた、神秘体験を重視する「ペンテコステ派」系の人だと思いますが、その中でも極めて迷信的、オカルト的な部類に入ると思います。
たまに見かける変な人たちだと思って以来、頭の中から消えていましたが、まさかこのような形で再び名前を見る日が来るとは思いませんでした。

日本ではキリスト教徒はごく少数派ですから、誤解なきように念のため書いておきますが、当然のことながら、大多数のキリスト教徒で文化財を汚損するような行為を支持するような人はほとんどいないと思います。少なくとも私の知人でそんな人はいません。(そもそもこれをキリスト教だとは思えない)
DVDを牧師に渡した人も、さすがに犯罪を肯定するようなことはしないでしょうし、これを機会に目を覚ましてくれると信じたいものです。

ところで、名前からすると、金山氏は韓国系の人なのでしょうか。韓国で講演を行っている動画も見つかりました。何を言っているのかわけがわかりません。
http://www.immjapan.net/DrKanayama_mess.shtm

ネット右翼のような差別主義者がよだれを垂らして喜んでいるようですが、事情をご存知のない方のために補足しますと、韓国ではアメリカ経由でのこのようなペンテコステ派や、土着の宗教の影響を受けたカルト的なキリスト教が影響力を持っていて、韓国国内でも批判が強まってきているということです。

寺社に油をまいた犯人がまだ金山昌秀氏だとはっきり確定したわけではありませんので、今後の捜査、報道の展開に冷静に注目したいところです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




ツールバーへスキップ