コーヒーを豆から挽いて入れた

眠気覚ましに毎日コーヒーを飲んでいるのですが、インスタントの味に飽きてしまい、コーヒーが好きな知人の影響もあり、コーヒーの豆を挽くためのミルと、ステンレスフィルター付きのドリッパー、ドリップしたコーヒーを受けて注ぐためのサーバー、そしてコーヒー豆をAmazonで注文して早速入れてみました。

豆を挽くのは面倒なイメージがありましたが、さほど力も入れず、ゴリゴリとハンドルを回して豆を挽くのはなかなか楽しかったです。

無駄なゴミを作りたくないので紙のフィルターが嫌いなのですが、ステンレス製のフィルターならその問題は解決されています。使い終わった後にさっと洗えば済む話で、半永久的に使うことができます。

サーバーは電子レンジ対応で、1杯飲んで放置して冷めてしまっても、温め直すことができるすぐれものです。

豆はカルディあたりに買いに行こうかとも思いましたが、出不精な私はそれもAmazonで注文してしまいました。スターバックスが出しているフェアトレードの豆です。

肝心の味ですが、知人の言うように、インスタントコーヒーとは別の飲み物のように感じました。コーヒー豆そのものの風味がするというのでしょうか。今回買ったスタバの豆は癖のない口当たりの良い味でした。

豆から挽くとなると確かにおいしいのでしょうけど手間がかかるというイメージがありましたが、確かにインスタントよりはかかるとはいえ、意外なほど早く簡単に入れることができました。これから新しい習慣にしたいです。

サーバーは一応3、4人分くらいは入れられるものを買いましたし、自分一人のものにするのはもったいないので、たまには人に振る舞いたいものですが、残念ながらそんな人はいないもので…。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク