本を出しているアフィリエイター亀山ルカ氏のブログを見た感想

15年以上存続はしているこのサイト、一応アフィリエイトプログラムに参加しており、ちょこちょこと広告を貼ったりしているのですが、特に何かを力を入れて売り込んでいるわけでもないこともあり、収益らしい収益はほとんど発生しておらず、テコ入れをしようと思ったり、新しいサイトを作ろうと思ったりしたことは何度もありましたが、幾度となく計画倒れに終わりました。

また性懲りもなくなんとかしたいと思い、関連書籍をAmazonで漁っていたら、『アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79』なる本を見つけました。

共著者の染谷氏は複数の書籍を出していますが、亀山ルカ氏という人は初めて見る名前だったのでプロフィールを見てみたら、主に美容関係の複数のブログを運営しているフリーランスの女性ブロガーで、ご自身のサイトへのURLも貼ってあったので、そのうちの「ダイエット・美容ブログ」、「ルカルカダイエット」を覗いてみました。

私も批判したことがあるように、世の中にはインチキ臭い健康、美容グッズなどが溢れかえっているので、嫌な予感がしたら案の定でした。

未だに流行っている糖質制限を推奨していないのはなかなか賢明だと思います。(私のそのとおりだと思います)

https://ruka-diet.com/toushituseigen-reason/

しかし、他のページを見てみると…

出た!この間、知人が心酔している人から大枚はたいて道具一式買っていて私が批判した酵素玄米

https://ruka-diet.com/kousogenmai-morning/

出た!疑似科学の典型、血液型○○

https://ruka-diet.com/diet-blood-type/

出た!インチキ美容業界御用達のマジックワード、単なる脂肪で実際は存在しない「セルライト」

https://ruka-diet.com/parler/

それより驚いたのが、サイト下部のブログ筆者の紹介の箇所で、現在は身長が167cmで体重が50kgくらいのようですが、目標は47kgと書いてあったことです。それはいくらなんでも痩せすぎではないかと。

https://ruka-diet.com/profile/

さらに、プロフィールのページを見ると、10代の頃からの写真が載っていますが、一番体重が高かったらしい60kgの頃の写真でさえ、確かに今よりはだいぶふっくらしていますが、全然太っているとは感じません。(頭小さいし脚長いですねえ)

それより後に姿見の前で撮られた53kgから54kgの写真を見ると、確かにスリムだとは思いますが、胴体に比べて脚が細すぎて大丈夫なのかと心配になってきます。

さらにその後は、50kgを切ることができましたと無邪気に書いていますが、ここまで来ると、もはや体型に対する認知が全く異なっているとしか思えません。彼女からしたら、世の中の大半の人がデブに見えるんじゃないでしょうか。

158cmほどで47kgくらいだった、私の10代の頃の知人女性は当時の時点で細いと感じましたし十分綺麗な人でした。20代になって、彼女が当時、45kgを切りたいと言っていたことを大学時代に別の女性に話したら驚かれました。(彼女も決して痩せてはいませんでしたが美しい人でした)

このことからも、ちょっと強迫観念に囚われてるように見えました。どこまで雑誌やテレビやネットなどの影響によるものなのかはわかりませんが(私の知人女性についてはたぶんJJとかの赤文字系雑誌の影響の気がします)、こういう人(特に若い女性)って少なくないんでしょうか。結局、彼女が47kgなどという明らかに少なくとも数値上は痩せすぎの体重を目指しているのは、高校生の頃の48kgのときに褒められた経験があると思うのですが、ということはそういう体型を羨ましがっている人がいるということなのかもしれませんが、亀山氏の場合、もともとのプロポーションが優れているからのような気がします。

何故こんなことをわざわざ書くのかといいますと、実は、私が10代の頃はまさに身長体重が亀山氏の目標と同じくらいだったからです。思い出してみると18歳の時点で身長168cm、体重は47kgほどでした。

もっとも、私は典型的な胴長短足(股下72cmくらいしかないです)ですが。これで顔が可愛らしかったりすると、チワワ(鹿児島時代、めちゃくちゃ顔が可愛くてちっちゃい、そう形容されていた女の子はいました)だとかコーギーみたいだとか言われたのかもしれませんが当然そんな面ではございません。

それはともかくも、胴長短足であろうがなかろうが華奢を通り越してガリガリで、骨と皮のような身体でした。それより前の中学生の頃は、背は低かったですが痩せぎすには違いなく、ある日、保健室の前で体脂肪率を測ってもらったら6%強と出て、係の女子があまりの低さに悲鳴を上げていたのが忘れられません。

体脂肪といえば気になったのが、亀山氏が「最新体重」と一緒に載せていたデータに、体重が49.85kgしかないのに、体脂肪率が23.3%と書いてあったことです。もし男性ならば、ぽっちゃりの境目くらいだと思います。女性は男性よりももともと脂肪がついていて当たり前なので事情が違うとは思いますが、オムロンのサイトによると、「一般に、健康的とされる体脂肪率の目安は、男性は10〜19%、女性は20〜29%です。」とのことで(男性は20%以上で軽度肥満ですので私もそうらしい)、体重は明らかに今の時点で細すぎるくらいなのに、体脂肪率は標準から少し低いくらいです。ということは、脂肪よりも筋肉が落ちているのでないかと疑われます。基礎代謝も1150kcalしかないのも気になります。上に書いたように、私が50kgなかった時は体脂肪率も相当な低さだったと思います。

亀山氏のTwitterを見てみたら、高そうなジムにコツコツ通っているので杞憂だったり、今は違うのかもしれませんが。

何度も言われても余計なお世話だと聞かないのかもしれませんが、亀山さん、今のままで十分痩せてますしキレイじゃないですかと。向上心が強いしあれこれ努力されてるのはすばらしいですけど、過ぎたるは及ばざるが如しなわけで。そんなに痩せてどないするんでしょうか。いろんな体型の人がいていいと思いますし、彼女は遺伝的にもともと痩せ型なのでしょうけども、いくら華奢なモデル体型が理想だといっても、私自身そうだったから言えますが体重47kgはどう考えても痩せすぎですし、見る人にも悪影響じゃないでしょうか。20代になってからもストレス等で50台前半まで痩せたことがありましたが、それでもヒョロヒョロでした。私の母も、165cmくらいでたぶん体重は昔から50台前半だと思いますが、ただでさえ仕事が大変なのにそれだけ細いとやはり見ていて心配になります。(せめてタバコはやめてくれれば…)

ちょっと私には理解しがたい美的価値観ですし、長い目で見て健康上問題はないのかとも訝しく思います。ファッションショーの世界でも痩せすぎのモデルが問題視されてきているのに時代錯誤じゃないでしょうか。

美容外科のアフィリエイト報酬がいくらあるのか知りたくもありませんが、わざわざ体を張ってボトックスの注射なんてする必要ないでしょうよと。もともと綺麗な顔立ちなんですから。アフィリエイターにしばしば見られますが手段と目的が入れ替わってませんかと。こういう人を取り上げる、本の共著者の染谷氏も罪作りではないかと思いました。

私は現在は170cm(今年病院で測ったらそう出ましたが本当にそんなにあるのかは怪しい)で63kgくらい、BMIの観点では至って標準的な体型です。ただし昨年は調子に乗ってラーメンやらピザやらを頻繁に食べたせいか、体脂肪率は20%を超えています(オムロンにいわせれば軽度肥満に入るんでしょう)。要するにお腹が少しばかりぽっこりしているわけです。

ですが、筋トレ(ジムになど通わず家と公園での)に加えて、意図して外食を減らしたり、一度に食べるご飯(玄米を食べていますが酵素玄米ではないです。市販の象印の炊飯器で炊いた普通の玄米です。おいしい。)の量を、山盛りからお茶碗に軽くよそう程度にしたり、ジョギングを始めたりしたら、少しずつでも腹囲が減ってきました。いい傾向だとは思います。筋肉は落としたくないので、体重はどうでもいいものの腹筋が割れるくらいまで脂肪を落としたいのですが、一般論でいうと体脂肪率を10%近くまで落とさないといけないので、なかなか難しいでしょう。

結局、ダイエットには1に食事制限、2に運動しかないのですが、「意図して」というのがミソで、自分の意志を気合で貫こうと思っても大抵は挫折するのでそこをどう工夫するのかが成功の鍵なのでしょう。それは食事だったら量は少なくても満たされておいしい料理だったり、運動だったらはじめは無理せず楽しいと感じるペースのものにするとかなわけです。

以上のことから、亀山氏のサイトをざっと読んだ限りでは、さほど有益な情報があるとは思えず、いかがわしいサービスや物品にお金を落とさせようとする、悪い意味での典型的な美容関係のアフィリエイトブログだと思いましたし、なによりご本人を見ていて老婆心ながら大丈夫なのかと思わされました。

それでも独立して本を出すくらいですから儲かっているのしょうが。よくわからないものです。ルカルカダイエットとは別の脱毛専門ブログのほうが報酬が高いんでしょうか。

皮肉にも、面白いと思ったのは、アフィリエイト報酬に直接つながるわけではない、食事改善やウォーキングのレポートくらいです。これはこの人にしか書くことのできないユニークな内容ですし、エセ科学の話もありません。これからダイエットを始めたり、すでにしている人も励まされるんじゃないでしょうか。

個人的に一番役に立ったといえるのは、美容、ダイエットには関係のない、Twitterに載っていた料理の写真です。頂き物らしいアスパラを使った、半熟卵と粉チーズ載せと、バターベーコン炒めの写真が載っていたのですが、たいへん美味しそうで食欲をそそられ、今度真似して作ってみようと思いました。バターもベーコンも脂の塊のような食べ物ですが、そういうものに限って美味しいから困りものです。

こんなに美味しそうなものをさっと作れるんだったら、案外、美容やダイエットよりも食事(まあもともと意味でのダイエットですが)や料理について書いたほうがウケがいいんじゃないでしょうか。もっとも、収入につながるのかは別の話かもしれませんが。そこがジレンマなのでしょう。

結局、私にできるアフィリエイトは、まったく商売っ気のない情報中心のサイトにアドセンスを貼ってアクセス頼みにするか、逆に完全に特定のものを売るのに特化したサイトくらいで、個人の色を出したブログに広告を絡めるのは向いていないと思いました。特に美容系は絶対無理。たとえ儲かっても無価値だったり有害だったりするものを宣伝して、世の中に悪影響を与える連中に手を貸したくはないです。せいぜい、おかしなことを書いてある他のサイトを批判して、まだマシなものを紹介することくらいでしょうか。

お金のために物は売っても自分の品性や知性は売りたくないものだと改めて思わされました。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする