サイズのCPUクーラー虎徹IIをつける(Core i5 4690KのOCも可能)

自作PCのCPU(Core i5 4690K)の温度が最大で80度に達するなど、発熱と、それに伴うファンの騒音が気になったので、CPUクーラーをCPUに付属していたものから、サイズから出ている虎徹IIに交換しました。

取り付けるための板をマザーボードの表と裏から挟むタイプのものなので、一度マザーボードのネジをゆるめて取り外すのが面倒でしたが、取り付けにあたっては特に難しいところはありませんでした。

CPUクーラーにグリスが付いてくることを初めて知りましたが、グリス単体で買うときと違って、注射器に入っているわけではなく、袋に約一回分が入っています。ヘラもありません。

取り付け後、早速温度をフリーソフトのCore Tempで計測してみたところ、負荷をかけていない状態でも50度台が当たり前だったのが、30度台で安定しています。今のところ、最大でも57度にしか達していません。

Core i5 4690Kはオーバークロックに対応しているため、ASRockのBIOSから設定を変えてみたところ、これもリテールクーラーなら4.2GHzまで上げると起動時は100度まで急上昇したのに、これも虎徹IIに換えたら4.4GHzまで上げても温度は80度まで上がらず、その後も40度から50度前後で安定していました。さすがに、最大の4.6GHzまで上げたらWindowsが起動しませんでしたが。

ファンの音も、無音というわけにはいきませんが、最大で1200回転だからか、温度が上がり気味のときでも、それまでのように、「ウィィィィィン」とか、「ブゥゥゥゥン」とかいうような不快な音は立てなくなりました。

虎徹IIは3000円強で、オーバークロックも試してみるならもっと高い、ファンが二つ付いているものを買うべきかとも思いましたが、これにして正解でした。3000円くらいのクーラーでこんなにも冷えるとは思いませんでした。もっとも、どうしても消費電力が上がってしまうので、それほどパワーを必要としない時は定格で使っていますが。

最新のCPUはちょっとわかりませんが、少なくとも数年前のCPUならオーバークロックしても実用に耐える可能性は十分ある、非常にコストパフォーマンスに優れた製品だと思います。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする