フィリップスのシェーバーを買って失敗

3年くらい前までフィリップスのひげそりを使っていて、剃りやすかった上に長期間刃を交換せずに済むので気に入っていて、このサイトでも紹介したことがあります。

フィリップスのシェーバー、AT926の使い心地

その後、使用開始から2年超経って故障したため、ブラウンのシェーバー(あまり剃り心地がよくなかった)を経てここ半年ほどはジレットのT字カミソリを使っていました。

しかし、替刃を買うのがもったいないように思い、以前使っていたフィリップスのシェーバーの使い心地が良かったのを思い出してまたAmazonで注文してみました。

ところが、1ヶ月半ほど使ってみたところ、肌が切れたりはしないものの、思ったよりも剃れず、T字カミソリのほうが簡単に早く剃れるのでまたT字カミソリに戻すことにしました。

今回買ったのはS5050/05というモデルです。以前持っていたものと同じく、いわゆるお風呂剃りもできるタイプです。さほど深剃りできないのはわかっていましたが、今回は肌に押し当てるようにして回しても前以上に剃れないと感じました。しかも時間をそれなりにかけてもツルツルにはなってくれません。以前はそんな力を入れなくてももっと手軽にそこそこ綺麗に剃れていたのですが。上位モデルならもっと深剃りできるんでしょうか。そうだとしても電気シェーバーに数万円出す気にはなれません。

私はもともと髭が濃くはなかったのですが、どうもここ数年で髭が伸びるスピードが早くなり、髭自体も太くなってきたようなので、シェーバーが悪いわけではないのだと思いますが、これでは替刃代はかかってもT字カミソリのほうが使い勝手が良いため、またジレットのカミソリを使うことにしました。ちゃんとシェービングフォームやローションを使ってカミソリ負けや雑菌に気をつければ十分でしょう。

普通以上の濃さの髭の人は、少なくとも私の買ったものと同じようなタイプのフィリップスのシェーバーはあまり綺麗に剃れないかもしれません。

余談ですが、自転車で日本縦断していた際も、乾電池で動くフィリップス製の小型シェーバーを使って重宝していました。今の住居に引っ越してから久々に起動しようとしたところ、なんと電池を換えてもモーターが動きませんでした。付属のケースに入れてずっと保管していたのにどうしてでしょうか。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする