キュレーションサイトmybestのでたらめに注意(クロスバイクを一例に)

自転車関係を調べていたら以下のようなサイトが見つかりました。

【コスパ最強はどれ?】初心者に最適なクロスバイクのおすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】

初心者におすすめクロスバイク人気ランキング22選
オフロードとオンロードの中間にあり、スポーツバイクの中でも乗りこなしやすい「クロスバイク」。定番のジャイアントをはじめ、ルイガノ・FUJI・ビアンキなど各メーカーからさまざまな特徴を持った車種が販売されています。しかし、初心者には聞き慣れないパーツばかりで選ぶのが難しいのが悩みのタネ。そこで今回は、クロスバイクの選び方...

mybestという、いわゆるありがちなキュレーションサイトのページなのですが、クロスバイクはおろか、自転車についての基本的な知識すらない人が、どこかから拾ってきた情報を寄せ集めて書いているようで、ひどい間違いが見られます。

細かいツッコミを入れればキリがありませんが、クロスバイクやロードバイク、マウンテンバイクなどのいわゆるスポーツバイクに乗ったことのある方は以下の箇所を読んだだけでこのmybestが尻尾を出していることがわかるかと思います。

クロスバイクのブレーキは、大きく分けてリブブレーキとディスクブレーキの2種類です。この2つの中で初心者に最適なのはディスクブレーキ。雨に濡れた路面でも制動性が高く、スピードのコントロールがしやすいのが特徴です。

 

トラブルが少なくメンテナンスが楽なことも強みですので、メンテナンスに不慣れな初心者でも安心。また、ディスクブレーキにはVブレーキ・カンチレバー・キャリパーと3つの方式があります。

(2019年10月1日閲覧)

リブブレーキではなく、リムブレーキですし、Vブレーキ、カンチブレーキ、キャリパーブレーキはディスクブレーキではなくリムブレーキの種類です。このような間違え方からしますと、単なる書き間違いではなく、本当に知らない人が書いていることが伺えます。

そもそも、現行のクロスバイクでVブレーキ以外のリムブレーキが使われているのはほとんどないですし、ディスクブレーキが使われているクロスバイクが登場したのもごく最近のはずです。少なくともまだまだディスクブレーキは少数派ですし、mybestのページではディスクブレーキが初心者に最適だと書きながら、この手のまとめサイトでありがちなどういう基準か不明のランキングに貼られている広告でディスクブレーキを装備している自転車は3台のみ、しかもトップ5にも入っておらず、全く支離滅裂です。見る人のことなんて微塵も考えていないのでしょう。

さらに、ディスクブレーキは確かに雨が降っていたりと路面の状態が悪い状況での制動力は高いですが、リムブレーキより高価な上にやや重いという欠点があります。そもそも、mybestの説明に反してディスクブレーキのメンテナンスは実際はリムブレーキよりも難しく、必ずしも初心者向きというわけではありません。一方、Vブレーキはリムブレーキの中では十分よく効く上に、機構が単純でブレーキパッドの交換や調整も難しくないので、私(クロスバイクに6年以上乗りました)ならまずはVブレーキのついたクロスバイクを勧めます。(そもそもカンチブレーキやロード用のキャリパーブレーキを搭載したクロスバイクなんて見たことないです)

以上のことからこのmybestは、専門知識がなく情報の取捨選択ができない、単なる金儲け主義者たちが広告収入目当てに寄せ集めの情報を無理やり一つの文章にまとめているサイトの一つに見えます。自転車以外のジャンルも扱っているようですが、上で引用した記事からするとその信憑性は疑わしいと考えざるを得ません。

このサイトに限らず、半可通以下の輩が正確性を欠いた大量のページを公開しているのはネット上にゴミを撒き散らして、本当に内容に価値のあるサイトを埋もれさせているだけで悪質です。

この手のサイトはSEO対策にお金を使って、検索したら上位に出てくるようになっているので、惑わされて高いお金を無駄にする人が出ないように注意勧告しておきます。特に自転車はこのようないかがわしいサイトの言うことを真に受けて粗悪なものを買ってしまったら、少なくないお金を溝に捨てるだけでなく重大な事故に繋がる恐れもあるのでなおさら危険です。

クロスバイクはロードレースのチームに機材を供給しているようなメーカーが出しているものならどれを選んでも基本的に外れはないと思います。もちろん、専門知識のある自転車屋で現物を見た上で選ぶに越したことはありません。

ちなみに、クロスバイクを語る上で外せないのは、GIANTという大手メーカーのESCAPEという車種で、日本で非常に人気が高いのですが(私も以前乗ってました)、mybestさんのページの基準が不明なランキングにはなぜか載っていません。

なぜか。GIANTは原則対面販売なので広告収入につながらないからです。有益な情報ではなく本当に金儲けのことしか考えていないことがわかります。

(2020年1月11日追記)

新たに以下の記事を書きました。

mybestを一例としたキュレーションサイトに対する注意喚起と批判
最近Googleで調べ物をしたらやたら上位に出てくるmybestというサイトの内容があります。訳知り顔でいろいろな商品を長々と紹介して、広告収入を得ていると思しき企業のサイトなのですが、書かれている内容にある程度通じている人間が読んでみると...

ついでにこちらで指摘したページを確認してみましたが、最終更新日が2020年01月06日になっていたにもかかわらず、まだ「リブブレーキ」のままです。改めて彼らが何を大切にしているのかがよくわかります。救いがたいですね。

GIANTについて指摘しましたが、GIANTのみを扱った独立したページは存在することに気づきました。

GIANT(ジャイアント)のクロスバイクおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】
世界最大規模を誇る総合自転車メーカー「GIANT」(ジャイアント)」。R3・RX・AIRなど、人気があるエスケープシリーズをはじめ、低価格から中価格帯を中心に本格モデルも扱うなど、そのコスパと性能の良さで初心者から上級者まで幅広い層の人気を集めています。近年は女性向けブランド「Liv」を展開して、女性からの支持も獲得。...

しかし、「クロスバイクの人気ランキング」にGIANT(TREKとかも)の自転車がラインナップされていないのは不自然で公平性を欠いていると言わざるを得ません。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました