「ポケモン徹底攻略」の「無断転載」告発に対する所見

長年に渡って運営されていて私も利用しているポケモンゲームの攻略サイト、「ポケモン徹底攻略」が、企業が運営している同じような攻略サイトから無断転載をされていることを告発し、そのことが他のサイトでも取り上げられていることを知りました。

個人運営ポケモン攻略サイト 企業系攻略サイトによる無断転載の横行を告発

しかし、ポケモン徹底攻略の主張には強い違和感を覚えました。なぜなら、ポケモン徹底攻略が無断転載されていると主張しており、また、無断転載を禁じて、自分のサイトに逐一リンクを貼るように要求している箇所は、攻略サイトに独自性のあるようなゲームの攻略法などでなく、ゲーム内で公開されているか、隠されているデータやその説明にすぎないからです。

たとえば、ポケモン徹底攻略が無断転載の例として上げているポケモンのとくせいの説明は、データそのものではありませんが、とくせい自体は攻略サイトによってどうにかなるようなものではなく、誰からみても同じものですから、その説明も同じようなものにならざるを得ず、そこに自分のオリジナリティをどこまで主張できるのかは疑問です。確かにあるデータの解釈であるならば、解釈者の独自性は認められると思いますが、ポケモンのとくせいやわざの一、二文程度の説明が解釈とまではいえないと思います。

とはいえ、かといってページまるごとや文言を一字一句そのまま転載する行為自体は倫理的には批判されても仕方ありません。芸がなさすぎますし、本当にゲームをプレイして検証しているのか疑われても仕方がありません。まして営利団体である企業が行えば社会的にさらに強い非難は浴びせされて然るべきことでしょう。そのような倫理観を欠いた、金儲け主義の企業による攻略サイトが近年増えてきたとは私も感じています。(もちろん同じ企業によるものでも有益なものもあります)

(攻略本を購入して見比べてみましたが、とくせいの説明でも何を優先してどのように書くかはそれぞれ思っていたよりも差があり、同じようなものになるとは必ずしも言い切れないかもしれません。いずれにせよ既存のサイトから、情報の正確性を確かめることなくただ転載するなどまともな企業のやることとは思えません。12月6日追記)

ところで、ポケモン徹底攻略は、「ポケモンの考察などに際して、ポケモン図鑑の種族値や特性など、一般に周知されているゲーム内のデータや情報。」は、「転載する情報を掲載するページすべてに当サイト内の情報を転載していることを明記し、当サイトへのリンクを行う」よう要求していますが、たとえ自分で解析したものだとしても、本来ゲーム内に収められているそのようなデータや情報の転載にそこまで要求する権限はあるのでしょうか。少なくとも法的にはなんら効力はないと思います。

しかも、当のポケモン徹底攻略もそのようなデータをすべて自分たちだけで集めている保証はどこにもありません。(もっとも後述するように本来はその必要もないのですが)あるTwitterアカウントは、ポケモン徹底攻略も、海外のサイトや攻略本から文言ごと転載しているのではないかと主張しています。

細かい証拠が載せられているわけではありませんし、私は確認していませんが、攻略本に関しては入手さえすれば簡単に確認可能です。近作のポケモンの攻略本はソフトの発売とほぼ同時に発売されるので(簡略化されたものがまず発売されて、後日詳しいデータなどを載せた分厚いものが売られる)、攻略本が攻略サイトから転載したという主張はまかり通らないでしょう。(企業側からあらかじめ買収されているというのなら別ですが)

ポケモン徹底攻略もおそらく莫大な広告収入を得ていると思いますし、運営者は企業の経営にも携わっているようで、ポケモンの攻略自体が企業の事業ではないとしても、Twitterによると、作業自体は複数名で行われているようで(報酬が出ているのかは不明)、もはや個人のサイトの規模を超えています。私は今作は発売日に購入しましたが、一週間経たない頃にはほとんどすべてのデータが出揃っていて、とても人間技とは思えませんでした。

ポケモン徹底攻略も転載していると批判しているTwitterアカウントの一つでは、外部情報を参照するなとは言わないが、自分の同じようなことをしているのに自分だけ被害者であるようかに振る舞うのはおかしいのではないかとも述べられていましたが、それに対してポケモン徹底攻略からの返答はないようです。

攻略本については上でも述べたように入手して両者を簡単に比較、検証しましたが、完全に一致する箇所は見つかりませんでした。詳しいことは別の記事に書きます。12月6日追記)

私もかつてゲームの攻略サイトを運営していた人間で、無断転載をされたことがあった記憶がありますが、少なくとも数値的なデータに関してはもっとオープンになるべきというよりは、そうならないと本来おかしいものだと今では考えています。ここでいうオープンというのは、データの入手元を明記し、その利用も自由にさせるということです。本来はゲーム内に存在するもので自分の権利を声高に主張できるものではないからです。言い方は悪いかもしれませんが、結局攻略サイトは他人のふんどしで相撲を取るようなところは多分にあるものなのです。ただし、そのようなデータを転載する、されるのは仕方がないことだとしても(もちろん攻略サイトを名乗るからには自分で検証するのが望ましいのは言うまでもありません)、ポケモン徹底攻略の要求するように各ページには必要なくとも、一体サイト内の情報元、すなわちどのようにして情報を入手したのかくらいは、先達への敬意として明示くらいはしたほうがよいとは思います。

ポケモン徹底攻略も他人には強く自分へのリンクを要求する一方で、自身のサイトにはそのようなものは目に付きやすいところには一切ありません。もしも国内外問わず外部の情報を一切参照せずに、すべての情報を自分たちだけで収集して掲載したというのなら確かにそれも必要ありませんが、仮にそうであっても、ゲーム内のデータや数値そのものに関してまで他人には自分の権利を主張するのはいささか傲慢ではないかと思います。結局は近年は攻略サイトに人海戦術が使える企業が次々と参入してきて、単に既得権益が侵されたから一方的な被害者のように振る舞って、支持者を焚き付けているだけにすぎない面も多々あるとみなされても仕方ないでしょう。今回のような主張をするのであれば、自分自身も情報の入手経路を明らかにすべきだと思います。運営者は大学を出ているようですが、論文やレポートでそれをやらなかったらアウトなことはよく知っているはずです。

ポケモン徹底攻略が長年にわたり支持されて、またおそらくは多額の収益を伴った運営が成り立っているいるのは、確かに豊富なデータありきなのは否めないと思いますが、そのデータをわかりやすくまとめたり、プログラミングを駆使して、組み合わせて計算できるようにしたり、それに加えて見る人のことを考えたレイアウトやデザインや、育成法などのコミュニケーションの場として機能していることなどが長年支持されている大きな理由で、主張すべきオリジナリティは本来そこに存するはずです。そのことをこれからも謙虚に優先していけば、今後も支持を失うようなことにはならず、あちこちからコピーアンドペーストして適当につぎあわせた質の低いサイトはどうせ淘汰されていくでしょう。逆に、今回のように、いくら無断転載されたからといっても自分のサイトにとっての本当のオリジナリティではないものの権利を声高に主張すれば、さらに泥沼の争いに巻き込まれて疲弊していくことでしょう。

批判的なことも書きましたが、私自身はポケモン徹底攻略はそれこそ10数年以上、事あるごとに閲覧していて、今のような洗練されたデザインでない頃から知っていますし、半ば営利企業のようになっているとしても本当にポケモンが好きなのは伝わってきて、日本一の攻略サイトだとは思っています。そうであるからこそ、古き良き時代の攻略サイトを知っていて、その文化を今でも大切にしているならば何が本質であるのか今一度考えていただきたいところです。

(参照したページはすべて12月4日閲覧)

(さしあたり載せたもので後日断りなく加筆修正するかもしれません。また、ポケモンはゲームの中でもマスクデータの数値が育成や対戦に重視される特殊な事情があるのですが、気が向いたらそのことにも触れたいと思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA