続「ポタリング」不要論(「神楽坂つむり」氏の「ポタリング」を一例に)

「ポタリング」という言葉が、(高価な)ロードバイクに頻繁に乗っている一部の人たちがサイクリングという言葉に対して特権意識を持たせようとするために恣意的に用いられているのではないかと以前指摘しました。

「ポタリング」不要論
私は長期間の旅行に適したママチャリではない自転車に一応は乗っている人間ですが、ポタリングという言葉が好きではありません。いつからそのような言葉が生まれ、使われるようになったのかは知りませんが※、(高価な)ロードバイクに乗っている連中が、サイ...

どういうことかと言いますと、彼らにとってサイクリングとは明確な基準があるわけではないものの時速20km、30kmに達するほどの速度で、100km、200kmの距離を一日で走ることを指していて、それに達しないような自転車での走行はサイクリングとみなすことができず、自分たちの活動に比べて下位の「ポタリング」にすぎないと見下しているフシがあるのです。

健全な理性を持った方は、なにを馬鹿なと思われるかもしれませんが、Googleで検索したら上位に出てくるそれなりの規模の(中身はスカスカで支離滅裂な)サイトにおいてもそういう人は確かに存在することも指摘しました。ちょっと意味不明で面白くなんともない幼稚な文章ですが再度引用してみましょう。

ポタリングは魅力的な活動です。ゆるっとチャリで出かけて、町をぶらぶら、ランチやおかしを食べ食べ、日帰り温泉、釣りなんかをして、ちょい汗ばむくらいで帰還します。

おいしいパン屋巡りはポタリングの最有力候補です。日持ちがしますし、持ち歩きが可能ですし、糖分と炭水化物が補給に有効です。チャリ x パンはジャスティスです。

コムシノワのパンでおやつタイム
コムシノワのパンでおやつタイム

で、自転車業界の『サイクリング』はこんなにゆるくありません。朝から晩まで、休みなし、平均時速20kmみたいなハードワークはふつうです。とくに実走時間のながさがネックです。

ポタリングとサイクリング違い ゆるポタ詐欺の恐怖の実態
Cycling、サイクリングは自転車活動全般の総称です。バリバリのヒルクライムからゆったりツーリングまでサイクリングです。チャリンコ通勤通学のチャリ通、BMXやピストのパークライドやトリック、X系のMTBジャンルなんかは一般の『サイクリング

そもそもポタリングとは和製英語で、いつから使われるようになったのかは不明ですが、少なくとも1957年の時点では、「近郊を一人か家族連れや気の合ったグループで散歩程度に軽く走ること」を指していたようです。私はてっきりここ数年で使われるようになった言葉だと勘違いしていました。

追憶のカタログ展Part68:1950年代 サンスター自転車

ところが、実際には上記のようにロードバイクに乗っている一部の人達が、手前勝手にポタリングやサイクリングの定義を捻じ曲げているケースが見られるのです。

ところで、私はここで指摘したようなポタリングの定義をさらに修正する必要があると感じさせられました。「ポタリング」という言葉はロードバイクに乗っている一部の人達が、自分の能力を誇示し、他者からチヤホヤされるためにも用いられているようです。もっとも、これは私が最初に指摘したことと表裏一体だとは思います。

この神楽坂つむりなる人は私は知りませんでしたが、2万人以上のフォロワーがいますし、ブログも書いていて、少し調べてみた限りでは一部のロードバイク乗りの間では有名な人のようです。

前の記事で引用したポタリングについて根拠不明な説明をしていた複数のサイトでも「散歩」のようにという定義は概ね共通していました。彼にとっては大阪から金沢までの286kmの距離もポタリングなのだそうです。とはいえそんな彼でも286kmという距離と時速22kmというスピードは脇においても時間は12時間半以上かかっています。散歩に半日以上かける人間がどこにいるんでしょうか。家族がいれば捜索願を出されるでしょう。

神楽坂つむり氏の自転車旅行は明らかに本来のポタリングの定義からは逸脱しています。もしポタリングと書いておいて実際は心臓をバクバクさせながら走っていたとしたら滑稽でたまりません。これも前の記事でも指摘しましたが、ではなぜ素直にサイクリングと書かないんでしょうか。

おそらくは簡単な話で、自分にとってはこれだけの距離でもポタリング、散歩程度に過ぎないのだと自慢したいのが見え透いています。そして、自分のすごさを他人に称賛されてチヤホヤされたいがためにツイートをしたり、ブログを書いたりしているのでしょう。いやあさぞかし気持ちいいんでしょうね。

こういう人は本当に性根がさもしいし、そういう輩を持ち上げる人たちもそれ以上に心底浅ましいと思いました。せいぜいスノッブな道楽に浸ってマスターベーションしあっていればいいと思います。汚らわしい。この手の人たちは自転車の楽しさを広めているようで、実際はその楽しみ方を狭めたものにして貶めているようです。

(追記)

続き兼、今までのまとめも書きました。

「ポタリング」の濫用に見られる一部の自転車乗りの心理
もともとは近郊を散策する程度のサイクリングである「ポタリング」(ゆるポタ)という言葉を濫用している一部のロードバイク乗りについて、なぜそのようなことをするのかこれまで考えてきました。素直にサイクリング(あるいは単に走...

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました