全日本吹奏楽連盟で事務局長ら着服

取り急ぎメモ。

全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇 - 毎日新聞
 全日本吹奏楽連盟(東京都千代田区)は27日、50代の男性事務局長と40代の男性事務局次長が2010~19年度の10年間、給与・賞与を不正に水増しし、総額約1億5200万円を着服したと発表した。決算報告書を改ざんしており、監査でも見落とされた。連盟は2人を懲戒解雇した。丸谷明夫理事長は「吹奏楽に取り

「全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇」(毎日新聞)

全日本吹奏楽連盟の事務局長と事務局次長が2010~19年度の10年間、総額約1億5200万円を着服、決算報告書を改竄して監査を逃れていたそうです。二人は2010年当時の理事長が認めていたと主張しています。

現在の理事長はあの淀川工業高校の「名誉教諭」丸谷明夫氏で、未だに理事長であることにも驚きですが、全日本吹奏楽連盟がそれほど巨額のお金が動くほどの規模の組織だということにも改めて驚きました。毎日新聞によると連盟の主な事業収入は各種コンクールのチケットの売り上げなどであるとのことですが、それが少なくとも事務局員を雇って給与やボーナスを与えるくらいの収入になるということです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました