甘言に癒やされる当事者

上の記事を書いていてふと思い出したのですが、知人のTwitterを覗いてみたら、以下の記事で注意喚起をした人物を未だに肯定的にリツイートしていました。

他にも、私を含めて一部の人たちの間では高い評価を受けていたある人も、同じように取り上げていたのを偶然見つけて頭を抱えました。私はこういう人物は名前を書くのも汚らわしく、宣伝になってしまうので本来なら一切取り上げないようにしています。「当事者」でさえ、専門家ではなく、得体がしれず専門知を侮辱するようなデタラメばかり書き散らしている輩の甘言を受け入れてしまうのは情けないです。当事者と書きましたが、自分自身だけならまだしも、親の立場なら子供へも悪影響をおよぼしかねないので、こういう連中を特にSNS上で安易に取り上げて広めることの危険性は決して甘く見るべきではありません。単にその時に自分が心地よかったからで済む話ではありませんし、その心地よさが正しいことだとは限りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください