バレット食道

漢方内科で出された半夏厚朴湯と補中益気湯で逆流性食道炎の治療をしていて、起床後の喉の痛みは軽減されていたのですが、本日胃腸科で胃カメラ検査を受けたところ、バレット食道が進んでいて炎症が引いていないことがわかり、タケキャブ10mgを3ヶ月間飲み続けて再度検査を受けることになりました。結局はPPIに勝る薬はないのでしょう。PPIを飲み続けていたらバレット食道が元に戻った例もあるそうですから改善することを期待したいです。いずれにせよ今後は、食道がんの早期発見のためにも少なくとも年に一回は胃カメラを受けたほうがよさそうです。

あとは、やはりインスタントコーヒーなども控えめにしたほうがよいのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください