猫のキャットフード選びの悩み(キャラットミックス→サイエンス・ダイエット→ピュリナワン?)

昨年ベランダに侵入した痩せ細った猫を拾い、里親募集サイトに出したものの猫白血病ウイルスを持っているためか(感染している以外は健康そのものです)貰い手が見つからず、かといって家では飼えずに1年ほど外に出して食事を与えていたのですが、現在は仕方なく大体半日くらい部屋に入れている猫のキャットフード選びで迷っています。

数ヶ月前まではほとんどずっと、3kgで700円くらいの安い「キャラットミックス」を外で与えていておいしそうに食べていたのですが、先月の夜に家に入れて、朝起きたら押入れの一角が下痢便まみれになっていました。長いこと外で生活していたのでトイレを忘れていたのかもしれません。

下痢については急に環境が変わったから一時的にストレスでなったのかわかりませんが、拾ったばかりの時や以前家に入れた時も下痢が多かったので、しばらく餌をウェットフードに替えた後、キャラットミックスよりは高額な「ヒルズ サイエンス・ダイエット」の「腸の健康サポートプラス」を与えてみました。すると「うんち革命」(袋にそう書かれていました)、「7日間で理想的な便へ」という宣伝文句のとおり、確かにコロコロした普通の便になりました。

ただし、先も書いたとおり単に一時的に下痢になっていたかもしれず、本当にサイエンス・ダイエットに替えたから正常な便になったのか、それともウェットフードのおかげなのかはわかりません。実際に、私の親戚は複数の猫を買っていて、餌は安いものだったはずですが(ただしウェットフードも与えているらしい)、下痢になったという話は聞いたことがありません。

しかし、戻すのが怖くなったのと、肥満気味でダイエットさせたいため、現在も同じサイエンス・ダイエットでカロリーが抑えめの「アダルトライト」を与えています。相変わらず便は正常で理想的な形のものが出ています。猫砂のせいか慣れたためかわかりませんが、臭いも気になりません。

このようにサイエンス・ダイエットは中身は実績があって優れたキャットフードだと思いますが、小分けされておらず(以前はされていたらしいですが、環境負荷削減か本音はコストカットか知りませんが今は一つの大袋に入っています)酸化防止剤なども袋に入っていないので、割安な容量の多いものを買うと、使い切る前に劣化してしまいそうなのが難点です。

そこで、サイエンス・ダイエットより価格が少し安くて評判もいいと聞く、「ピュリナワン」の「避妊・去勢した猫の体重ケア」をAmazonで800g注文してみましたが、「尿路結石になった」というレビューが多いのが気になります(トータルで見たら全レビューの中でごく少数とはいえ)。サイエンス・ダイエットの餌としての中身そのもの不満はないですが、ピュリナでも何の問題もなければ、私のお財布の負担が減りますし、個包装されていてまとめ買いができるのは便利なのでピュリナに乗り換えようと思っています。

以下の獣医師も述べている通り、Googleなどで検索して出てくるペットフードのレビューサイトはほぼ、広く売られているフードをアフィリエイト報酬目当てに科学的根拠なく貶しているデタラメなサイトばかりで、実際に与えてみてどういう反応があったかという体験談が見つからずに困っています。

https://nyantos.com/cat-food

(以下はGoogleで「サイエンスダイエット 猫」で検索したら上位に出てきたサイトの一例。SEOを意識してか「評判悪い」とタイトルに付けた上でホームセンターなどで見たことがないような高額なフードを露骨に高評価している)

【評判悪い?】ヒルズサイエンスダイエット(猫用)キャットフードを全解説!

常識的に考えてサイエンスダイエットやロイヤルカナンが質の悪いキャットフードなら動物病院に置いていないでしょう。そういう商業的な意図からデマを垂れ流すサイトを優遇するGoogleがいけないのですがどうしようもありません。

ピュリナワンの特に「避妊・去勢した猫の体重ケア」を長年与えている方がいれば感想など聞かせて頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ネタのメモ

次の記事

猫を拾ってからの悩み