石井直方氏の商才

私が毎週の筋トレで参考にしている本の著者の石井直方氏は単著だけでなく、弟子筋の人たちとの共著も含め、トレーニング関係の多数の本を出版しています。中にはほとんど同じような内容だと疑われるような本もあります(近年では岡田隆氏あたりもしっかり師匠のやり方を「継承」しているようです)。基本的に私は多数の本を出版する人は金儲けばかり考えているようで信用できないのですが、それでも学術的研究の成果を素人でもわかりやすく説明していてしかもトレーニングの実践に落とし込んでいるような有益な本もあるので石井氏の本は何冊も持っています。

以下の記事でも書いたとおり、他にも怪しげな健康器具の開発にも携わったりと、研究者としての手腕に限らず商才に長けた人なのだと思っています。

「FACIAL FITNESS PAO」は効果がない

ところで同じの記事でも書いたように、あれほど屈強な身体を誇っていた石井氏はステージ4癌に罹患しましたが無事に生還したそうです。ふとAmazonで調べてみると、今年の10月25日に以下の本が出版されていたことを知りました。

いのちのスクワット

今度は自分の癌治療の体験まで本にして売ってしまうとは、改めてその商魂たくましさに唖然とさせられました。目次を見る限りではトレーニングについては今までも何冊もの著書で紹介されてきたスロートレーニング、それもスクワットに絞った内容で、科学者ともあろうものが、筋力トレーニングと癌の治癒を安易に結びつけるかのようなタイトルの本を出版して良いものなのでしょうか。

そんな多数の本を出している石井氏ですが、筋力トレーニングで体力強化や健康増進、維持を図りたい方は以下のものが一冊あれば事足りると思います。石井氏のものに限らず色んな本を読みましたが結局この本に戻ってきています。高いお金を払って嫌な思いまでしてジムに行く必要もなく、やり方によっては道具も使わずにスロートレーニングだけで十分に成果が出ています。

1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造 体脂肪が落ちるトレーニング (カラダをつくる本シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください