中学校の合唱コンクールといじめの話

先の記事を書いていて、私が中学校の頃に、いじめや嫌がらせに耐えられずに学内の合唱コンクールを欠席したら、後でさらなる暴力を加えられた上に、教師にも心ない言葉をかけられたことを思い出しました。影でこういう子どもも声無き声を上げているのだということを伝えたいため、そのことを詳しく書いてみようかと思いましたが、10年以上経った今でも当時のことを思い出すと腹が立ってきて、教師や生徒に対する激しい怒りがこみ上げてきたので、詳しい描写は避け、簡潔に出来事をまとめてみることにします。

中学三年の時、授業中に他の生徒から度重なる嫌がらせを受け続ける。クラスにはそれを注意するような人はいないし、教師に訴えてもまともに取り合ってくれない。

秋の校内行事である合唱コンクールの練習で歌う気力がなくなる(もともと歌は嫌いではない)

合唱コンクール当日を欠席

しょうもないことから昼休み、大勢の生徒が見ている前で、不良集団に囲まれて暴力を振るわれる(止めようとした人は誰一人いなかった)

泣きながら教師に相談する

不良集団と私が空き教室に呼び集められて面談

なぜ殴ったのかという問いに不良は、私が合唱コンクールを休んだからだという(その前から嫌がらせがあったから嘘だと思う)

なぜか嫌がらせを受けて暴力まで振るわれた私までが、教師に「今度サボったら承知しない」などと言われる。参加できないような環境に問題があるという考えは頭にないらしい。

その後私は、そこそこ有名な私立高校に進学したものの、一週間足らずで不登校になった。親もなかなか理解してくれず、部屋に籠城するしかなく、大変辛い状態だった。上のような経験があったことを振り返ると、この流れは必然だと思う。

はっきり言うが、今でもこいつら全員私は人間の屑だと思っている。(おとなしく引き下がった私もつくづくナイーブだったと思うし、別の人に対して私が加害者になったこともある)
10年以上経った今でも復讐する夢を見ることがある。
私を迫害した連中は、当然今では大人だが、SNSなどを見た限りでは、おそらく当時のことを反省、更生しているとは考えられない。どうせ、自覚もないままに、どこかで人を傷つけ続けているのだろう。なんでも教育現場に責任を押し付けることに対しては私は批判的だが、教師が無能なのは間違いない。

中学校の合唱コンクールといじめの話” に対して5件のコメントがあります。

  1. J. I. G より:

    そんな事があったとは…
    酷い話ですね。この人らは確かに、人間の屑と言われても仕方ないですね。
    …それでも、先の記事で取り上げられていた丸谷先生についてはは話が違います。
    貴方が体験した事を見て、胸が張り裂ける想いですが、先の貴方の記事を見た時はもっと辛い気持ちでした。

  2. 吹奏楽ファン より:

    これって承認されないとコメントできませんか?

  3. 無名 より:

    では聞きますが、仮に淀工吹奏楽部が、ある意味洗脳のような教育が行われていて、その上で全国に出場し上位の成績を獲っているとして、それのどこが問題なのでしょうか?
    本人たちは喜んでやっている、卒業した生徒たちが別に犯罪を犯しているわけでもない、同じような教育をしているわけでもない(これは確信ではない)のに対してどうして外野がとやかく言うのでしょうか?
    ひとつのやり方に対してすべての人間が賛同できるなんてことはまずあり得ません。
    あなたが違和感を抱いたならあなたはそういう教育をしなければいいだけなのでは?
    全国を目指すにはある程度厳しい教育が必要なのは誰もが分かることだと思います。それは現場の人間にしかわからず、あなたのようにテレビだけの情報で勝手に内部事情を批判するのは少しやりすぎかなと思います。

    あと一部にありましたが、オウム心理教を例えにするのははっきり言って最悪の表現です。
    先生や生徒さんに失礼です。
    少なくともそんな内容を書いてる人に、他人の教育をとやかく言う資格は無いと思います。

    先生に会い実際に話を聞くという意見に対して極論は相手にしないと仰っていましたが、ではどうすれば主様の違和感は晴れるのでしょうか?
    違和感を持ったのに先生に会うのは嫌だ、話を聞きたくないということですよね?なのに批判的なことは言いたい放題。それではただの誹謗中傷と何らかわりないのでは?
    こういった発信する以上、どうしても自分に賛同する意見を重視したがるのは分かりますが、あなたの意見に賛同できない人の話もきちんと耳を傾けるべきです。極論だからとか、そんな自分の都合で無視をするならこんな記事は書かないほうがいいと思います。

    最後に、淀工関係者のコメントを根拠もなく嘘をついているとの発言は相手方を侮辱する発言なので今後はやめたほうがいいと思います。
    あなたも本当のことを言っていても嘘だと決めつけられたら気分悪くないですか?

    人の教育をどうこう言う前にあなたも人に対する発言を考えた方がいいと思います。教育以前の話ですよ。

    1. 鴉(運営者) より:

      淀工吹奏楽部についての記事にへのコメントだと思われますが間違ってこちらに投稿したんでしょうか。

      長文ご苦労様ですが、お書きになったことは壊れたレコードのようにこれまでのやり取りをろくに読まないか、読んでも理解できない方々が繰り返し書かれてきたことですから一々相手にする気はありませんが二点のみ。

      >では聞きますが、仮に淀工吹奏楽部が、ある意味洗脳のような教育が行われていて、その上で全国に出場し上位の成績を獲っているとして、それのどこが問題なのでしょうか?

      ここまで開き直れるのは心底おぞましいですね。学校という公教育の現場、それも自治体が運営している公立高校で仮に人権侵害が行われていても社会的に問題視する必要がないとは、あなた、本当にカタギの人間ですか?

      淀工関係者が嘘をついている疑いについては、少なくとも淀工OBを自称する一人の人物が複数の別人を装ってこちらを混乱させようとしてきたことは、IPアドレスの一致などの証拠を押さえた上で判断したとちゃんと書いていますし、コメントは承認しませんでしたが、自作自演をしたことはその後本人が白状していました。
      https://te-koku.com/archives/720#comment-190
      したがって、私が根拠もなく嘘をついていると断定しているという非難は的外れです。

      件の記事に文句をつけるのは社会的に危険な発言を平気でする人物だという例がまた一つ増えました。

      1. 鴉(運営者) より:

        上のコメントをよこした人物が淀工関係者かどうかは知りませんし、彼に限ったことではありませんが、このようなことを平気で書く人が在籍、卒業した学校は一体どういう教育を行っているのでしょうか。こういう人物が大学に進学したり社会に出ていくのは野獣を街に放つようなもので害悪でしかありません。もっともこんなことは高校での教育以前の話かもしれず、すでに大人になっているならもはや付ける薬はなく、周囲への悪影響を考えると本当におぞましいことです。

        オウム真理教といえば、テレビ番組に出演した時でしたか、「あなたがたがやっているのは宗教弾圧ではないですか!」と批判に対して強弁する麻原彰晃の姿を思い出しました。それと程度は変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください